モックンこと、本木雅弘の主演最新作で、西川美和監督がメガホンを取った映画『永い言い訳』に、木村多江・マキタスポーツ・サンキュータツオがカメオ出演していることが明らかになった。



本作は、妻の夏子(深津絵里)が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったという知らせを受けたまさにその時、不倫相手と密会していた人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(本木)が、妻の死後に周囲の人々と織り成す人間模様を描いた作品。本木に深津、さらには池松壮亮や黒木華ら錚々たる俳優陣の共演に注目が集まっている本作だが、実は主要キャスト以外にも、誰もが知るあの名女優や、人気タレントたちが密かに登場している。



 

(C) 2016 「永い言い訳」製作委員会




妻の夏子が事故で亡くなり、幸夫は悲劇の主人公として、テレビの取材を受けていた。そんな時、安藤奈緒美と名乗る学生時代の同級生から、幸夫に電話がかかってくる。幸夫は電話に出ることなく、電話は留守電に切り替わるのだが、ここで電話から聴こえてくる、優しげな雰囲気が印象的な声の主は、なんと、あの名女優・木村多江だ。



また、夏子と共に事故で亡くなったゆきの夫・大宮陽一(竹原ピストル)が、事故のあった日にゆきから残されていた留守電のメッセージを消去できず、繰り返し再生しては泣き崩れるシーンで、車中に流れているラジオ番組にも注目しよう。この番組は、現在も放送されているTBSラジオの人気番組『東京ポッド許可局』なのだ。実際に番組の中でパーソナリティをつとめるサンキュータツオ、そしてマキタスポーツの軽快なトークは、映画用に収録した秘蔵音声だという。


映画『永い言い訳』

10月14日(金)全国ロードショー!!





出演:本木雅弘/竹原ピストル 藤田健心 白鳥玉季 堀内敬子/池松壮亮 黒木華 山田真歩/深津絵里

原作・脚本・監督: 西川美和



製作:『永い言い訳』製作委員会(バンダイビジュアル株式会社、株式会社AOI Pro.、株式会社テレビ東京、アスミック・エース株式会社、株式会社文藝春秋、テレビ大阪株式会社)

原作:「永い言い訳」(文藝春秋刊)

制作プロダクション:株式会社AOI Pro. 配給:アスミック・エース

(C) 2016 「永い言い訳」製作委員会 PG-12