女優・米倉涼子の主演ドラマ『ドクターX 〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系)が13日、初回15分拡大でスタートした。


同作は、米倉演じるフリーランスの天才外科医・大門未知子の活躍を描く人気シリーズの第4弾。今回は、未知子が宿敵である蛭間(西田敏行)が院長に就任した東帝大学病院に派遣され、不本意ながらも蛭間の下で働くことになる。



第1話は、脳の腫瘍を取り除く難手術。患者がIT企業の社長で、なんとオペの模様をネットで生中継するという。自信をなくした執刀医がオペを拒否。誰もが心配したオペだったが、未知子がメスを取ることになり、難なく成功させた。



Twitterでは、新シリーズを待っていたファンから「やっぱりおもしろい」「安定のおもしろさ」「最高」というコメントが相次いだ。未知子の決め台詞「私、失敗しないので」については「一度は言ってみたい」という声が多く見られた。



>米倉涼子の記事をもっと読む



>ドラマの記事をもっと読む