デスノートで世界を変えようとした“キラ”こと夜神月と、暴走する彼を阻止しようとした世界的名探偵・L(松山ケンイチ)の戦いから10年。新たなデスノート争奪戦を描く『デスノート Light up the NEW world』が10月29日(土)より公開となる。今回、『DEATH NOTE』、『DEATH NOTE the Last name』で夜神月を演じた藤原竜也が10年ぶりにキラとして出演している映像が公開!死んだはずの夜神月が蘇ったその意味とは…?



プロデューサー「デスノートのルールは変更していない」





映像冒頭、10年前に死んだはずの夜神月が登場。「全てを君に託す。キラとして生きろ」とのセリフ。果たしてこの言葉が意味することとは?



佐藤貴博プロデューサーは「10年ぶりの新作プロジェクトの企画を開始する前に竜也クンには趣旨を説明したのですが、その時に『俺もまた夜神月やりたいなあ』とつぶやいたのを聞き逃さず、何とかして「月の復活」を実現させるべく試行錯誤を繰り返し、“衝撃の復活”に辿り着くことが出来ました」と話す。



しかし、10年前に死亡したはずの夜神月をどのように復活させたのか?「デスノートのルールは変更していません。では、どうして“キラ”が再び降臨するのか?ぜひ劇場で目撃いただければと思います。藤原竜也が再び演じる意味を十二分に込められたと思います」とコメント。10年前、デスノートによる凶悪犯の粛清を行った夜神月の復活。彼の復活に本作の重要なカギが隠されていることを明かした。



世界中に「キラウイルス」が拡散される…夜神月は生きていたのか!?

オフィスのPCにもキラ…/(C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS




10年ぶりのキラに藤原竜也の感想は?



10年ぶりにキラを演じた藤原は「『デスノート』は自分にとって大きな存在で、海外に行っても国境を超えて世界中の人たちが観てくださり、ひとり歩きして多くの人たちに受け入れていただいた作品です。10年前、松山ケンイチくんともこの作品で携わらせていただき、23歳という非常に良い年齢の時に贅沢な作品と出会えたと思っています」と10年前を振り返った。



また新作については「今回、新たなキャストの人たちと新たな物語で展開していくということは非常に面白いことだなと思いました。10年経って、自分がこうして参加できるとは思っていなかったので、非常に楽しく演じさせていただきました」とコメント。10年ぶりの『デスノート』の世界を楽しみながら撮影に臨んだ様子を語った。


映画『デスノート Light up the NEW world』

10月29日(土)公開





原作:大場つぐみ・小畑健(集英社ジャンプコミックス刊)

監督:佐藤信介

脚本:真野勝成

出演:東出昌大、池松壮亮、菅田将暉、川栄李奈/戸田恵梨香/中村獅童、船越英一郎ほか

主題歌:安室奈美恵「Dear Diary」

劇中歌:安室奈美恵「Fighter」

配給:ワーナー・ブラザース映画