「ハリー・ポッター」の新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(11月23日公開)。現地時間10月13日(木)にロンドンとロサンゼルスのIMAX会場に本作のキャストと監督、プロデューサーが参加し、全世界のファンと一丸となるグローバルファンイベント「A RETURN TO J.K. ROWLING’S WIZARDING WORLD The Global Fan Event (J.K.ローリングの魔法の世界が再びやってくる)」が開催された。



ニュート・スキャマンダーはとても…



ロンドンの会場には、エディ・レッドメイン(ニュート)、キャサリン・ウォーターストン(ティナ)、アリソン・スドル(クイニー)、ダン・フォグラー(ジェイコブ)、イェーツ監督、プロデューサーのデイビッド・ヘイマンが、ロサンゼルスにはコリン・ファレル(グレイブス)とジョン・ボイト(ショウ)が登壇。会場は更にヒートアップ!また、本作の舞台となるニューヨークをはじめ、ブラジル、メキシコ、イタリアとも中継が結ばれると各会場は歓喜に包まれた。



SNSなど寄せられた世界中のファンからの質問に答えたキャスト、スタッフたち。「自身の演じたキャラクターに共感する点は?」との質問に、主人公を演じたレッドメインは「ニュートがとても情熱的な男だということだ。僕も何かに夢中になるとそればかりになってしまうんだ」とコメント。自身との共通点を語った。質問はこのほかにも「J.K.ローリングの魔法の世界について」、「監督との仕事について」などが寄せられ、ほかのキャスト、スタッフも熱心に回答しファンの興味に答えた(質問の詳細は後述)。



会場には“ファンタビスト”も詰めかけた!

会場には“ファンタビスト”も詰めかけた!//(C)2016 WARNER BROS ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED




J.K.ローリング「まるで昔のような気分」



そして、最後には、ロンドンの会場にJ.K.ローリングがサプライズで登場し「とても興奮しているし、信じられないわ。まるで昔の様ね。時を遡っていったような感じですばらしいわ」と感慨深い様子。「まだいろいろ言えないけれど、脚本を書くことはすばらしい経験で、大好きよ。楽しんだわ。だから、次の作品、更に次の作品という風に書き続けるの」と懐述した。ロンドンをはじめとしてスタンディングオべーションが起き、文字通り全世界が魔法にかかったイベントとなった。



『ファンタビ』

J.K.ローリング(左から3人目)も会場に登場!「A RETURN TO J.K. ROWLING’S WIZARDING WORLD The Global Fan Event」/(C)2016 WARNER BROS ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED




Q:キャラクターに共感する点

エディ・レッドメイン:

僕が一番気に入っているのは、ニュートがとても情熱的な男だということだ。彼は、魔法動物(ビースト)に対して情熱的な思いを抱いている。僕もまた、何かに集中していると、そればかりに夢中になってしまうんだ。そこが共感する点だね。



キャサリン・ウォーターストン:

私が演じるティナは、本作に登場する時、自分に可能だと思うことと実際にできることの間で苦しむことがあるの。その点に本当に共感したの。彼女には可能性があって、できることはたくさんあるのに、そのために自分をどう表現していったらいいかが分からないでいる。



アリソン・スドル:

クイニーは、他人の心を読むことができるから、その人の人となり、どんなことを経験してきたかが見えるの。洞察力があるというのはすばらしいことであるのと同時に、刺激的なの(笑)。私は今、多くの人と会う機会があるから、素晴らしいエネルギーがみなぎっていて、とても興奮する日々だから、共感できるわ。



ダン・フォグラー:

ジェイコブは、素晴らしい魔法の世界に招待された状況に畏怖しているわけだが、僕自身も、そう感じている。それと、ジェイコブはパン屋だけど、僕の曾おじいちゃんはニューヨークのローワーイーストサイドのパン屋だった。とてもシュールでまるで夢を見ているかのようだよ(笑)



コリン・ファレル:

グレイブスはアメリカ合衆国魔法議会(MACUSA)の長官だ。自分がどう共感するかは分からないが、彼に備わった正義、不正の感覚があると思いたいね。彼の仕事は第一に魔法界の安全の確保だが、肉体的な安全ということだけでない。ハリー・ポッターではマグルと呼んでいた、この物語ではノー・マジという魔法の能力を持たない人たちがいて、魔法の力を持つ者は人目につかないように隠されている。抑圧されてきたので、その点がグレイブスに影響を与えてきた。彼自身のイデオロギーというものがあるが、僕が彼の立場だったら、彼のような垣根の取払い方はしないかもしれない。それでも彼の正義、不正への思いは尊敬するよ。彼はとても一途でそれに向かって一直線だ。そして杖さばきも充分上手いね。



ジョン・ボイト:

ショウは、ノー・マジだから演じるのが悲しいんだ。魔法についての映画でノー・マジなんだからね(笑)彼は献身的な父親だ。とても強く、厳しいが、私もそうであることができる。映画はすばらしい、スリル満点でハートが感じられる作品となっている。心がわしづかみにされるんだ。私はとても誇りに思うよ。



Q:J.K.ローリングとのお仕事はについて

監督:

率直に言ってとても興奮した。本作には原作が無いが、それを創った人物がいたわけだ。彼女と直接仕事をしたのだが、直接話し合う中で、新しい魔法の世界を創る様は見事だった。想像力は止まる所を知らない。彼女と密接に仕事ができて本当に楽しかった。



プロデューサー:

彼女には止まる所を知らない想像力があるだけでなく、最も寛大なコラボレーターでもある。彼女はすばらしい人で、15年以上もの間ずっと彼女と一緒に仕事を続けられ光栄だ。彼女は人として、そして仕事においても寛大であり、すばらしい人だ。



Q:監督との仕事について

エディ・レッドメイン:

僕たちは皆『ハリー・ポッター』映画の大ファンだ。この映画で、同じ魔法の世界を最高にエキサイティングな時代で展開し、更にそれをデイビッド・イェーツ監督とデイビッド・ヘイマンの指揮でやるというのは素晴らしいことだ。この壮大な体験を親密な映画であるかのように感じさせてくれるからだ。更にJ.K.ローリングの脚本が加わるんだ。



キャサリン・ウォーターストン:

杖のデザインは、選択肢が5つもあって、私にその中から選ばせてくれたの。そして、実際に2つ作ってくれて、どちらがしっくりくるか試させてくれたの。そのうちの1つを私は選んだのだけれど、軽すぎたので、もう一度やり直して重さを持たせてくれた。これはこのスケールの作品ではとても珍しいことだと思う。私たちをこの世界に招いてくれ、この作品の一員なんだと感じさせてくれたの。楽しかったわ。


映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』

2016年冬 全国ロードショー





監督:デイビッド・イェーツ『ハリー・ポッター』シリーズ後半4作品

原作/脚本:J.K.ローリング

プロデューサー:デイビッド・ヘイマン『ハリー・ポッター』全8作品、J.K.ローリング

出演:エディ・レッドメイン『レ・ミゼラブル』、キャサリン・ウォーターストン、アリソン・スドル、ダン・フォグラー、エズラ・ミラー、サマンサ・モートン、ジェン・マーレイ、フェイス・ウッド=ブラグローブ、コリン・ファレル

配給:ワーナー・ブラザース映画