EXILE、三代目 J Soul Brothersでパフォーマーとしても活躍する岩田剛典が本日10月14日からスタートの菅野美穂主演・金曜ドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』に出演した。



岩田の役は、菅野美穂演じる主人公・高野亜紀の幼馴染で子供たちの通う体操教室のコーチ生方航平。



ドラマは亜紀(菅野)が、高級タワーマンションに引っ越してきたところから始まる。高層階のほうが低層階よりも偉いというフロア差別をし、マンションの奥様たちを牛耳るボスママ(横山めぐみ)をはじめとするタワマンマダムたち(堀内敬子、ホラン千秋etc)らに戸惑う亜紀だったが、1ヵ月前に引っ越してきたばかりというフラワーアレンジメントの講師・佐々木弓子(松嶋菜々子)と知り合い、偶然にも亜紀のすぐ上の階に住んでいるということもあり親しくなる。



岩ちゃん登場シーン一瞬だけで「グレーのTシャツぅぅぅぅ!」



やがて亜紀は、セレブママたちに連れられて行った体操教室で生方航平(岩田剛典)と再会する。



岩田がドラマに登場したのは22時半頃。SNSではドラマが始まるとすぐに「岩ちゃん早く出ておいで」など、彼の登場を待ちわびる投稿が。ようやく登場するやいなや「岩田きたー!」「グレーのTシャツぅぅぅぅ!!」「かっこよすぎる!」「イケボ」と、画面に映っただけで歓喜のツイート祭り。



「HiGH & LOW」ではこわもてのコブラを熱演していた岩田だが、今ドラマでは爽やかな笑顔が印象的。「ひさびさのナチュラル髪いいよね」と頭の先から足の先まで熱い視線を浴びていた。



また、亜紀が川に落としてしまった子どもたちからのプレゼントを腕まくり&膝まくりで一緒に探したり、落ち込む亜紀を「ダメな母親なんかじゃない!」と励ましたり…とこれでもか!?の王子っぷりで視聴者をキュンキュンさせていたようだ。



そんななか街では子どもの連続行方不明事件、通称「ハーメルン事件」が発生。



岩ちゃんのイケメン王子っぷりとサスペンスフルなストーリーからは次回も目が離せない!







三代目 J Soul Brothersの関連記事をもっと読む