織田裕二が主演を務める連続ドラマ『IQ246〜華麗なる事件簿〜』(TBS系)が16日、初回20分拡大でスタートした。


同作は、IQ246の天才貴族・法門寺沙羅駆(織田)が難事件に挑む本格ミステリー。土屋太鳳が法門寺家当主を護衛する刑事・和藤奏子を演じ、沙羅駆の執事・賢正役がディーン・フジオカ、変わり者の法医学専門医・監察医である森本朋美は中谷美紀が演じる。



第1話では、大金持ち・桜庭家に住み込みで働いていた寿司職人・宮島が行方不明になったという事件。沙羅駆は賢正や奏子、朋美らと協力し、真犯人のCMプランナー早乙女(石黒賢)を逮捕するという展開だった。



織田と石黒と言えば、1993年放送の連続ドラマ『振り返れば奴がいる』(フジテレビ系)でライバル役を演じており、注目を浴びた。作中では、奏子演じる土屋が「振り返っても奴はいない!」と言うシーンがあり、視聴者は盛り上がりを見せた。次回もこういった小ネタに注目が集まりそうだ。



また、内容に対し「おもしろい」というコメント、ディーンに「執事ハマりすぎ」、土屋には「キャラ最高」といった声が多かったが、織田のクセのある喋り方については「相棒の右京さんの喋り方に似せてる?」「なれる気がしない」「似合わない」といったツイートが目立った。



>『IQ246』の記事をもっと読む



>ドラマの記事をもっと読む