エマ・ワトソン主演で話題を呼んだディズニー・アニメの実写映画化『美女と野獣』。今回、アニメーション公開から25周年目という節目の年、2017年4月21日(金)に日本公開となることが決定した。さらに本作のファーストビジュアルも解禁となった。



“深紅のバラ”が物語のキーアイテム



今回、解禁となったティザーポスター(画像:上)には、霜が降りたガラスケースの中にひときわ美しく咲く深紅のバラが描かれている。「白雪姫」には“真っ赤なリンゴ”、「シンデレラ」には“ガラスの靴”というように本作を象徴し、また物語の重要なアイテムとなる“一輪の深紅のバラ”。このバラがどのようにストーリーに関わってくるのか、興味を惹くビジュアルだ。



「美女と野獣」は、アニメーション映画史上初のアカデミー賞作品賞ノミネートという快挙を成し遂げ、また作曲賞と歌曲賞を受賞し、ストーリー、音楽、芸術性と映画として高い評価を得た作品だ。



「白雪姫」などの初期の作品とは違い、近代的な女性として描かれている主人公・ベルを演じるのは「ハリー・ポッター」シリーズのエマ・ワトソン。知性に溢れ、心美しいベルをどのように演じきるのか注目が集まる。また、アカデミー賞を始め、数々の映画賞に輝くミュージカル「ドリームガールズ」や「シカゴ」を手掛けたビル・コンドンが監督に決定。本作の最大の魅力である音楽やミュージカルパートの演出の実写化にますます期待が高まる。


『美女と野獣』

2017年4月21日(金) 全国ロードショー



監督:ビル・コンドン

出演:エマ・ワトソン、ダン・スティーヴンス、ルーク・エヴァンス

原題:Beauty and the Beast

全米公開:2017年3月17日

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン