テレビのワイドショー番組「グッドモーニングショー」で、トホホなキャスターである澄田真吾、澄田に憧れるぶっ飛びサブキャスター・小川圭子、そして、生真面目な新人女子アナ・三木沙也。



そんな設定のコメディー映画『グッドモーニングショー』(君塚良一監督)が、10月8日から公開されている。



中井貴一もさることながら…


キャスターを演じる中井貴一と、サブキャスターは長澤まさみ、新人女子アナは志田未来が、ドタバタ劇を演じるエンタメながら、一方で、テレビの存在意義やワイドショーの必要性を問う、硬派な一面も意外な発見があって面白い。



「ですが、この映画の一番の見どころは、サブキャスターを演じる長澤のぶっ飛びぶりにあります。ワイドショーの中で長澤が演じる小川は、非常に優秀なサブキャスターですが、2人は不倫関係にある。といっても、実際は小川が一方的に澄田に思いを寄せているようなのです。それに困惑を隠せない澄田と小川の笑えるやり取りが、実に面白いのです。小川は、痛すぎる勘違い女でありながらも、急な重大ニュースにも臨機応変に対応していく。そのギャップが見事です」(映画ライター)



ワイドショーの生放送中に、立てこもり事件が勃発する。武装したその犯人は、澄田キャスターを名指しして要求を突きつける。そんな緊迫した事態にもかかわらず、うっとりと澄田を見つめる小川。慌てることなく、落ち着いて現場を仕切ってはいるのだが、いつしか爆笑させられる。





「緊急の出来事に奮闘しつつ、その中にも笑いを生み出していく映像の妙。事件現場からの中継をしていますが、その背後にはコメディータッチの手法がふんだんに用いられています。小川を演じる長澤は、常に何かをやらかしますが、まじめに取り組んでいるからこその笑いが、実にいい味を出しています」(前出の映画ライター)



『バクマン。』『SCOOP!』…「お仕事系」映画の醍醐味



ワイドショーという、身近な番組の裏側を見て取れるのも興味深い。こうした「お仕事系」の映画やドラマは、実は少なくない。古くは、国税局査察部を描いた『マルサの女』(伊丹十三監督、1987年)、最近では、辞書編集部員が奮闘する『舟を編む』(石井裕也監督、2013年)など、数多くがある。





『マルサの女』 (C)伊丹プロダクション

『マルサの女』 (C)伊丹プロダクション






『舟を編む』

『舟を編む』






『バクマン。』 (C)2015 映画「バクマン。」製作委員会 (C) 大場つぐみ・小畑健/集英社

『バクマン。』 (C)2015 映画「バクマン。」製作委員会 (C) 大場つぐみ・小畑健/集英社






また、大根仁監督の『バクマン。』(2015年)は、マンガ家や漫画誌編集部が登場し、写真週刊誌のカメラマンが主人公の『SCOOP!』(2016年)も、大根監督が手がけている。



「いわゆる一般の仕事とは異なる世界の舞台裏は、普通は見ることができないもの。そうした非日常的な世界を、スクリーンの中でどのように描くか。今回の『グッドモーニングショー』は、ワイドショーがどう作られているかが理解できるという興味深い点と同時に、史上最悪の1日を笑いで描く。そんなギャップが良質な作品になっています」(前出の映画ライター)



長澤の演じるサブキャスターは「痛い女」「勘違い女」ではあるが、笑いとニュースとに真摯に向き合い、「事実を伝えたい」という強い思いも交差し、手応えのある映画なっているといえるだろう。



(文:高城龍二)