阿部サダヲの主演ドラマ『下剋上受験』(TBS系)が13日、初回15分拡大版でスタートした。


同作は2014年に産経新聞出版から刊行された桜井信一の同名タイトルの書籍が原作。中卒の父と偏差値41の娘が最難関中学を目指した実話で、主人公・桜井信一を阿部が演じ、妻の香夏子は深田恭子。2人の娘・佳織役は山田美紅羽。



不動産会社に勤務する信一は、同じく中卒の妻・香夏子と娘の佳織と幸せに暮らしていたが、佳織が受けた全日本統一テストが散々な結果に終わり、最難関中学の受験を決意する……という展開だ。



名門大学出身の新入社員・楢崎(風間俊介)にいきなり仕事を奪われた信一。物件を案内するたびに学歴を聞かれ、「“中卒大学”です」と冗談で切り抜けるが、次第に大卒との格差を感じるようになる。「人生は途中からじゃ変えられない」と中卒を悔やみ、佳織には同じ思いをさせたくない、まだ間に合うと熱く語り、一緒に頑張って中学受験に挑もうとするが……。



Twitterでは、1話目から「おもしろい」というツイートが多く、好発進の模様。特に目立ったのは深田への絶賛の声。「深キョンかわいすぎ」「母親役でも美しい」「妻が深キョンってだけで勝ち組」「お母さんが深キョンってうらやましい」というコメントがあふれた。



>深田恭子の記事をもっと読む