宝くじで高額当選する、玉の輿に乗る、富豪の気まぐれで資産をもらう、天から大金が降ってくる――本気でお金持ちになりたいなら、そんな偶然や奇跡を待つより自分でお金を増やす工夫をすべきだろう。



本著『できる人のお金の増やし方』は、「自分の力で金持ちになる人」に共通する116の行動基準をまとめたもの。50ヶ国以上で読まれる世界的ベストセラー“Rules”シリーズの最新刊だ。



たとえば、ルール1 は「私はお金持ちにはなれない」という思いを捨てる。著者いわく、お金は差別をしない。人種も、肌の色も、社会階層も、両親の職業も関係なく、誰もがお金持ちになれる権利がありチャンスがあるのだ。



このように、当たり前だが、なかなか実行できない「お金を増やすために大切なこと」が分かりやすい文章で説かれていく。まず本書を手に入れることが、お金持ちになる第一歩だ。



(文:松本理惠子)