マスコミやネットで叩かれても我が道を進み続ける、放送作家・小説家の百田尚樹氏。世間のバッシングにもへこたれない、その強い精神力は一体どのように形成されたのか。



著者の新著『鋼のメンタル』は自身初の人生論にして、実践的メンタルコントロール術を綴った本。新潮社出版部長の中瀬ゆかり氏が「百田さんの強靭な精神力の秘密をテーマに」との依頼で実現したものだ。



読んでいくと、「考え方一つで精神は鍛えられる」ことがよく分かる。すぐに落ち込む、他人の目が気になる、人前であがりやすいという人には勇気づけられたり、心の持ち方のヒントになるはずだ。人によって好き嫌いの分かれる著者だが、抵抗感がある方にもあえてオススメしたい。著者と口げんかできるくらいの精神力を身に付けて、反論をしてみてはいかがだろう。



(文:松本理惠子)