ニコニコ動画から人気に火が付き、ソロとしても活動中の伊東歌詞太郎(Vo)と、さまざまなアーティストへの楽曲提供やプロデュースワーク、サポートミュージシャンなどの活動をしている宮田“レフティ”リョウ(Bass/Guitar/Key)による2人組ユニット、イトヲカシ。中学時代からの同級生であり、音楽を愛して止まないという彼らが、9月21日、両A面シングル「スターダスト / 宿り星」でついにメジャーデビュー!本作に込めたメッセージとデビューに向けての意気込みをじっくり語ってもらった。(インタビュー&文:斉藤碧)



今後も、お客さんに対するスタンスはブレずにやっていきたい



―まもなくメジャーデビューとなりますので、まずは今の心境から教えてください。



伊東歌詞太郎(以下、伊東):僕らはもともとバンドマンとしてそれぞれ活動していて、メジャーデビューは当時からの夢の1つだったので、嬉しい気持ちはもちろんあるんですけど、目の前にいるお客さんに音楽を届けて、聴いてくれた人に“ありがとう”を伝えるっていう根本的なところは、この先も何も変わらないんだろうなって思いますね。でも、活動の規模が大きくなるにつれて僕らに関わってくれる人が増えていくと思うし、みなさんの期待も感じているので、そこに対して責任感を持ってやっていかないといけないっていうのは、1つの変化として自覚しています。



宮田“レフティ”リョウ(以下、宮田):僕も、今歌詞太郎が言ったように、関わってくれる人が増えたことで、僕ら二人だけではできなかったことができるようになったというのは大きな変化だなと思っていまして。最近は、人とチームを組んでやっていくことの強さをすごく感じて、ありがたいなと思いながらやっています。



―制作環境の変化もありつつ、ファンの方の反響も凄そうですね。



伊東:はい。ライブ中にメジャーデビューを発表したら、予想していた3倍くらいの反響をいただきまして(笑)。“そんなに喜んでもらえるんだ!?”って、すごくビックリしました。と同時に、それほどまで、僕らのことを自分のことのように喜んでくれる人がいるのはすごく心強いし、この人達を裏切るようなことはしてはいけないなって、改めて思いましたね。



宮田:僕自身も、好きなアーティストがメジャーデビューすると“あぁ、遠くなっちゃった”って思ったりするし、少なからずそういうふうに思う人はいると思うんですよ。でも、そうじゃないってことをこれからわからせてやるぜ!と(笑)。今後も、お客さんに対するスタンスはブレずにやっていきたいと思っています。



「スターダスト」に関しては、証明をしたいなと思ったんです



―そして、そんなデビュー第1弾作品が、両A面シングル「スターダスト / 宿り星」。この2曲を制作するにあたって、デビューシングルということは強く意識されたんですか?



伊東:僕らは、作った曲は全部シングルにになってもいいくらい愛しているし、どの状況でも常に“多くの人に聴いてもらえる曲”を意識して作っているつもりなので、デビューシングルだからあえて言いたいことを詰め込むというスタイルではないのですが……。言いたいことを詰め込めたっていう意味では、デビューシングルにふさわしい、メッセージ性の強い2曲になったんじゃないかなと思いますね。



宮田:それに、音楽性という点でも、イトヲカシの良さをしっかり反映できている2曲だと思うので、これから僕らのことを知ってくださるリスナーのみなさんにも、僕らのことを30%くらいはわかってもらえるんじゃないかなと思います(笑)。



―2曲とも、作詞作曲が伊東さん、アレンジが宮田さんという分担ですが、1曲目の「スターダスト」はメッセージ性の強いロックチューン。こちらはどのような想いで制作したんでしょうか?



伊東:僕が書く歌詞には、割合は曲によって違えど、どんな曲にも聴いてくれている人への想いを必ず入れているんですけど……今回の「スターダスト」に関しては、証明をしたいなと思ったんですよ。



―証明、ですか。



伊東:そう。僕らは、今までずっと、音楽っていうものに夢を持てなくなってきているっていうことをいろんな人から言われてきたんですけど、それでも音楽が大好きで、音楽に夢を持ち続けていて。時には運も必要なんでしょうけど、必死になってひたすら音楽をやり続ければ、道は開けるんじゃないかって思っているんですよね。で、僕らがそれを公言して、実際に夢を叶えて次のステップに進んでいけば、お客さんも同じように夢を見られるんじゃないかって思うんです。だから、「スターダスト」の歌詞にも、そういうメッセージを込めました。あの、よく“流れ星に願いを込める”って言うじゃないですか?でも、僕はそれってナンセンスだと思うんですよね。だって、流れ星は一瞬で消えちゃうから(笑)。だったら、流れ星じゃなくて自分に願いを託そうよ、自分で夢を叶えようよっていう想いを伝えたかったんです。



―なるほど。宮田さんは?



宮田:僕は、ライブでお客さんとどうやってこの曲を作り上げるか?ってことを考えて制作することが多いんですけど、この曲も、たとえば一緒にシンガロングする場所があったりとか、お客さんの顔を常に意識しながら制作していましたね。あと、イントロのフレーズは、歌詞太郎が作ってきたサビのメロディを聴いた瞬間に思いついて。そこからアレンジしていった結果、全体的にキャッチーな仕上がりになったかなと思います。



 





 



―中学生の頃からの付き合いとなると、曲作りの流れもだいたい決まっていそうですね。



宮田:基本的には、歌詞太郎がメロディを持ってきて、2人でセッションをしながら全体の枠組みを作っていって。その後、歌詞太郎が歌詞を書いている間に、僕がアレンジを進めるっていうパターンが多いですね。



伊東:そうやって同時に違う作業を進められるっていうのは、2人で作る利点だよね。僕が歌詞を書き終える頃にレフティのアレンジができていたら、すぐに仮歌を入れられるし、ミュージシャンとして、自分の頭にあるものが具現化するのが早ければ早いほどストレスが少ないので、良い環境だなって思います。それに、自分のイメージした曲の完成形とレフティのイメージした完成形に相違があんまりなくて。お互い、楽曲のゴールイメージを共有しつつやれているんじゃないかなって思うので……一言で言えば、すごく楽しいです!(笑)。



宮田:そうだね(笑)。ただ、どんな歌詞が仕上がってくるのかを待つ間もやっぱりワクワクしますし、いざ仕上がってきた歌詞を見てみると、僕だったらこういうアプローチで歌詞を書くなっていうイメージとは全然違うプロセスを辿っていたりするので。そういうところは、人と一緒に作る意味、醍醐味だなって思いますね。ちなみに、「スターダスト」のレコーディングは、信頼できるミュージシャン達と一緒にレコーディングブースに入って、かなりライブに近い感じで録音したので、そこでも人と一緒に作る楽しみを感じましたし、より生っぽい音をパッケージングできたなと思います。



「宿り星」は『双星の陰陽師』とイトヲカシ、2つの柱が立つ場所を探した



―一方、「宿り星」は、テレビ東京系アニメ『双星の陰陽師』エンディングテーマにも起用された壮大なラブソング。こちらはタイアップ曲ということもあり、いつもの楽曲制作とは違う苦悩もあったのではないですか?



伊東:そうですね。抜擢していただいたからには、やっぱりアニメの世界観に華を添えたいなという気持ちはすごくあったんですけど、あえてアニメのストーリーに寄せようっていうんじゃなくて、自然と寄るくらいアニメのことを理解しなきゃいけないと思っていました。『双星の陰陽師』の世界観に華を添える楽曲であると同時に、イトヲカシらしい楽曲であることも必要だったので、結構悩みましたね。しかも、2つの間をとるっていうのも絶対に良くなくて。かといって、どっちかに寄せるのも違うと思ったので、『双星の陰陽師』の世界観に華を添える楽曲、イトヲカシらしい楽曲という2つの柱が立つ場所を一生懸命探しながら制作していきました。



宮田:アレンジもそのバランスに寄り添うようにつけたんですけど、ちょうど良いところに落とし込めたかなとは思いますね。今後はアニメを観ていないお客さんにも聴いていただく機会が増えると思うんですけど、そういう人達からするとまた違って聞こえるんじゃないかなと思いますし、歌詞にしても楽曲にしても、聴く人によっていろんなふうに受け取ってもらえる楽曲なんじゃないかなと思います。



 





 



―現在は、全国路上ライブツアー中のお二人ですが、個人的には、この曲はホールなど大きな会場でのライブを想像させるなと思いました(現在はすでに路上ライブツアーは終了)。



宮田:この曲はぜひ大きなところでやりたいですよねぇ(笑)。ストリングスのアレンジは、僕がガイドラインを作って、ヴァイオリニストと一緒にいろいろ話し合いながらビルドアップしていったんですけど、いざレコーディングをしてダビングしたものを聴いてみると、最初に打ち込んだものとは全然違う世界観がバァーっと広がるなって自分でも思いました。



伊東:僕、日本武道館でライブやりたいです!なんでかわからないんですけど、憧れてて。



―アーティストとしては、いつか立ちたい場所ですよね。他に、叶えたい夢を挙げるとしたらなんでしょう?



伊東:親孝行がしたいので、紅白に出たいですね(笑)。あと、いつかは自分で“これ以上ない”って思えるくらいの歌を歌いたいし、お客さんと一緒にもっと良い景色を見たいし……夢は尽きないなぁ。



宮田:だね。そして、さっきも言った通り、僕らが夢を叶えることによって、たくさんの人が音楽に夢を持てるようにしたいっていうのも、僕らの夢の1つです。



イトヲカシ リリース情報





スターダスト / 宿り星






スターダスト / 宿り星



2016年9月21日発売



[CD+DVD]:AVCD-83700/B ¥1,574(税抜)

[CDシングル]:AVCD-83701 ¥926(税抜)




CD収録曲(両形態共通)

01 スターダスト 02 宿り星 03 スターダスト(instrumental) 04 宿り星(instrumental)



DVD収録内容

01 「スターダスト」Music Video/02 「宿り星」Anime Music Video



初回封入特典:「双星の陰陽師スペシャルステッカー」(両形態共通)





イトヲカシ オフィシャルウェブサイト