声優としても活躍する小松未可子が、畑亜貴、田代智一、黒須克彦、田淵智也(UNISON SQUARE GARDEN)からなる個性派クリエイター集団“Q-MHz”のプロデュースのもと、再始動!

9月21日にリリースされるニューシングル「Imagine day, Imagine life!」の聴きどころや、Q-MHzとの制作秘話について語ってもらった。(インタビュー&文:斉藤碧 撮影:平野タカシ)


シングル「Imagine day, Imagine life!」はQ-MHzさんがプレゼントしてくださった楽曲







―シングル「Imagine day, Imagine life!」が、9月21日にリリース決定!この作品から、畑亜貴さん、田代智一さん、黒須克彦さん、田淵智也さん(UNISON SQUARE GARDEN)といった豪華な面々からなるプロデューサーチーム“Q-MHz”のもとで音楽活動をしていくこととなりましたが、まずは、Q-MHzのみなさんの印象から教えていただけますか?



「Q-MHzさんのアルバムにゲストヴォーカルとして参加させていただいた時が初対面だったが、その時は、ものすごく有名だし、それぞれが第一線で活躍されている方々なのに、作り出す音楽がぶつかり合うことなく融合していることに驚きましたね。みなさんと一緒に制作できるのがすごく楽しかったので、今回プロデュースしていただけるという話を聞いた時は、とても嬉しかったです」



―みなさん、作り出す音楽だけでなく、ご本人のキャラクターも濃そうですよね(笑)。



「はい(笑)。普段からすごく愉快な方々ですし、本当にみなさん仲良しで一緒にいて、とても楽しいチームです。でも、音楽を作る時には何回もディスカッションして、お互いに刺激し合って制作されていて。そういった部分でも、みなさんにプロデュースしていただけてすごく心強いです」



―ただ、一言でプロデュースと言っても、小松さんも含めたスタッフ全員で楽曲の方向性を決めるとか、プロデューサー陣が小松さんをイメージした楽曲を用意するとか、いろいろなやり方があると思うんです。リード曲「Imagine day, Imagine life!」に関しては、どんな流れで制作したんですか?



「今回は、第1弾シングルということもあって、Q-MHzさんが私に楽曲をプレゼントしてくださるということだったので、楽曲ができるまではただ楽しみに待っていましたね。そしたら、すごく前向きな楽曲をいただきまして。正直、こういう前向きな曲は自分の中では気恥ずかしい感じもあって、今まであまり触れてこなかったので新鮮でした。でも、新しい第一歩を踏み出す自分自身が主人公の曲でもありますし、その中で、小松未可子らしさを畑さんがすごい勢いで突いてきましたね(笑)」



―特に共感した歌詞を挙げるとしたら、どれですか?



「一番グサッと刺さったのは、“私、強気似合うよね?”って歌詞です。こういうことって、自分ではそう思っていても、人にはなかなか自分から言わない部分じゃないですか?(笑)だから、そこを的確に歌詞にされていて見抜かれているなと思いました。でも、すごく主張するわけでもなく、“私ってそういうところあるよね?”って問いかけながら、自分の背中を押すような歌詞なので、私の強気な面を肯定してもらえたような気がして、嬉しかったです」



  





  



“こんなにまっすぐでいいのか!”っていうくらい、肩の荷を下ろして歌えました







―楽曲だけでなく、レコーディングでも、プロデューサー陣から刺激を受けた部分は多そうですね。



「そうですね。素敵な曲を作っていただいたからこそ、この曲をどう歌おうか?どこまで歌おうか?っていうのは結構悩んで、自分なりにいろいろな歌い方で録ってみたんですけど、Q-MHz さんが“一旦、背負っているものを全部下ろして、まっさらなところから作っていきましょう”って言ってくださって。そのアドバイスに従って歌い直してみたら、“こんなにまっすぐでいいのか!”っていうくらい、肩の荷を下ろして歌えました」



―小松さんが“背負っていたもの”って、具体的に言うとどんなものなんでしょうか。



「声優としてキャラクターソングを歌う時は、演じている役のイメージに寄せ、キャラクター性を重視して歌っているんですけど、いろいろ演じさせていただいたからこそ、自分の中にはいろんなキャラクターが混在しているんですよね。なので、今回みたいに自分自身が主人公の歌でも、力みすぎて少年っぽくなってしまったりして、悩んでいたんです。でも、プロデュースしてもらうことによって、あっちこっちに行ってしまいがちな自分を、まっすぐにまとめてもらえたというか。私は今27歳で、女性で……というふうに、等身大の姿に整えてもらえたなと思いました。それに、MVでも、今の心境を表現しているのかなと思っていて。撮影自体は大変だったんですけど、撮影が終わる頃には、撮影を通して自分も新たな扉を開けたような達成感がありました」



―なるほど、自分の中にいろんなキャラクターが混在しているというのは、声優としても活躍されている小松さんならではの悩みかもしれませんね。声優とアーティストの違いや、それぞれの醍醐味についてはどう思いますか?



「さまざまな作品を通していろんなキャラクターの感情や人生を感じられるというのが、声優のお仕事の醍醐味だと思うんですけど、アーティスト活動は、これまでで得たインスピレーションをアウトプットするというか。さっきも言ったように、より等身大の姿を届けている感覚がありますね。それに、お客さんを前にしてライブでオリジナル曲を初めて披露したときに“こんな曲になるんだぁ”と新たな発見を感じることも多いので、それもまたアーティスト活動の楽しいところです」



「エンジェルナンバー」は私の誕生日を祝って……ほしい……な?っていう、控えめなアピール(笑)







―また、等身大の姿を歌っているという意味では、2曲目の「だから返事はいらない」にも通ずるものがありそうです。



「そうですね。これは、早歩きしているようなテンポ感と、私が好きな切ないメロディーが魅力の曲なんですけど、実は、今回の3曲の中で1番最初にレコーディングした曲だったんですよ。だから、“どういうふうに歌おうかな?”というワクワク感と、1曲目という緊張感を背負ってレコーディングに挑んだんですけど、“この曲の主人公は、小松さん自身でもあるんですけど、27歳くらいの女の子でOLです”というふうにディレクションしていただいて、“あ、なるほど!”と(笑)。今までは実年齢よりも年下のキャラクターを演じることが多かったんですけど、今回は等身大の自分に焦点を当てて、足取り軽く、爽やかな風を感じながら歌いました。でも、この曲って、曲を聴いた人によって受け取り方が違うのかなと思うんです」



―というと?



「この曲は、新しい日々に踏み出した主人公が大事な人に向けて想いを投げかけて、“気が向いたときに合図して”って歌っているんですけど……結局、返事はいるの?いらないの?っていう論争が、現場で生まれまして。未だに、どちらが正解なのか、決着がつかないんですよね(笑)」







―ちなみに、小松さんはいる派orいらない派、どちらですか?



「歌詞にも“返事がないことが返事だ”って部分があるんですけど、私はまさにそれで。返事がいらないというより、私があまり返事をしない方です(笑)。特に家族……母親に対してはそうですね。嬉しいことも悲しいことも、一番に伝えたいのは母親なんですけど、逆に、自分のことをよくわかってくれている相手だからこそ、自分の中で“うん”って返事をして自己完結することもよくあるし、返事はいらないけど、自分は発信したいっていう気持ちもわかるし……。そういうふうに、聴く人の状況によって、返事がいるのかいらないのか変わってくるのが、この曲の面白いところだと思います」



―そして、3曲目の『エンジェルナンバー』は、3曲の中で唯一小松さん自身が作詞に参加された楽曲。第一弾シングルにバースデーソングを収録するのって、なんだか珍しいですね。



「そうなんです。始まりとしては、とにかくライブで盛り上がる曲がほしいってことで制作された1曲だったんですけど、デモの段階で“Happy Birthday!!”というコーラスがすでに入っていて。“これは変えてもいいですよ”と言われていたんですけど、私自身もバースデーソングがほしいなと思っていたし、11月には誕生日ライブも控えているので、もしかしたら今のタイミングにピッタリなのかもしれないと思って。11月11日というゾロ目の誕生日から連想した『エンジェルナンバー』をタイトルにして、自分だけの特別なバースデーソングを作ってみました。なので、私の誕生日を祝って……ほしい……な?っていう、控えめなアピールをしながらも、ライブでは一緒に盛り上がろう!という感じの1曲になっています(笑)」



―コーラスからも、すでにワチャワチャした楽しい感じが伝わってきましたけど、どんな感じでレコーディングしたんですか?



「コーラスは、Q-MHzのみなさんはもちろん、マネージャーも強制参加で、全員でレコーディングブースに入って録りましたね。みんなでクラップしたり、おもちゃの楽器なんかを持って“いえ〜い!”とかやってたんですけど、意外と盛り上がるのって難しいんだなって思いました(笑)。でも、こうやってみんなでブースに入って録るのは初めての経験だったので、すごく楽しかったです」



―CDでさえかなり盛り上がっているので、ライブではさらに楽しい1曲になりそうですね。



「そうですね。まずはCDを聴いて予習しておいていただいて、11月20日に行われる誕生日ライブでは、みんなで掛け合いができたらいいなと思います!」







小松未可子の関連記事をもっと読む



小松未可子リリース情報






初回盤





通常盤










Imagine day, Imagine life!



2016年9月21日発売



初回盤:TFCC-89596 ¥1,852(税抜)

通常盤:TFCC-89597 ¥1,296(税抜)




収録曲(初回、通常共通) 01. Imagine day, Imagine life! 02.だから返事はいらない 03.エンジェルナンバー 04. Imagine day, Imagine life!_Instrumental 05.だから返事はいらない_Instrumental  06.エンジェルナンバー_Instrumental

<DVD収録内容> 「Imagine day, Imagine life」Music Video / 「Imagine day, Imagine life!」Off Shot

※リリースイベントあり!詳細はオフィシャルサイトへ。




小松未可子 ライブ情報



ハピこし!ライブ2016 "Imagine day, Imagine life!”



TALK GUEST: Q-MHz



11 月20 日(日)品川プリンス ステラボール



OPEN 16:00 / START 17:00



チケット代金:¥6,480- (税込/ドリンク別)



チケット一般発売日:10 月22 日(土)



info. HOT STUFF PROMOTION Tel 03-5720-9999



小松未可子オフィシャルサイト