「恋がしたくなる歌声」と例えられる穏やかであたたかな歌声と、リアルな歌詞で多くの女性に支持されているシンガーソングライター、FUKI。メジャーデビュー1年にして、シェネルや平井大などを手がけるEIGOプロデュースの1stフルアルバム『LOVE DIARY』が完成。「シンプルに泣けて。ナチュラルに恋して。胸をしめつける365日のラブソング。」をテーマとした本作は、どのように出来上がったのか。(インタビュー&文:坂本ゆかり)


歌に目覚めたきっかけは安室奈美恵さんに憧れて…



─2015年10月にメジャーデビュー。この1年の集大成でもあり、アーティストFUKIの名刺代わりのような1stフルアルバム『LOVE DIARY』が出来上がりましたね。



「今、できることのすべてを出し切ったアルバムになったと思います。今までは恋愛の曲が多かったけど、このアルバムには家族や友だち、仲間たちなど、いろんな人への愛を詰め込みました」



─FUKIさんにとって、今、一番大事な愛って?



「いつも一番近くで支えてくれてる、家族の愛ですね。デビュー前、母はお客さんのいないライブハウスに毎回仕事を早退して来てくれたし、父も“行けないけど、頑張って来い!”って送り出してくれました。普通の親は、“ちゃんと就職してほしい”って言うと思うんですよ。でも、“あんたは他の仕事できないんだから”って、ずっと応援し続けてくれて。やっと、少しずつ恩返しできてるかな?」



─歌を始めたのは、いつでしたか。



「子どものころ、安室奈美恵さんに憧れてダンスや歌を始めました。でも、ひとの歌を歌うだけじゃ物足りなくなって、自分の言葉を伝えるために高校2年のころから曲作りを始めました。人を遮断するくらい思い悩んでた時期だったんですけど、そんな時にも、音楽を聴くことと歌うことは止めなかった。音楽に支えられてたから、曲を作ろうと思ったんです。今思うと、最初に作った曲はめっちゃ病んでました(笑)」



衝撃を受けた「もっと頭の中お花畑にしなきゃダメだよ」の言葉



─そこから、どんな音楽活動を始めたのでしょう。



「オリジナル曲を書きためて、地元のライブハウスに出るようになって。当時は、今とは違う、R&Bっぽい曲を歌ってました」



─曲調が変わるきっかけがあったのでしょうか。



「プロデューサーのEIGOさんと出会ってから、恋愛の曲を書くようになりました。それまでは、本当に暗かった……。10代のころから詞を書きためたノートがあるんですけど、今見返すと暗すぎて、とても歌詞にならないもので(笑)。でも、こんな思いしてたんだなって振り返ることもあります。最初にEIGOさんに会ったとき、“もっと頭の中お花畑にしなきゃダメだよ”って言われたんです。“お花畑?”って思ったけど、“深く考えず、自分の好きなことをシンプルにやればいい”ってことなんですよね。だから今は、“歌いたい”って気持ちを大事にしています。それに、“病んでる曲も悪くないけど、人に聴いてもらう歌は、勇気付けられる方がいいよね”って軌道修正していってくれました」



─変わってから最初にできた曲は?



「アルバムの最初の曲、「365」です。今までひとりで表現できなかったことがEIGOさんと一緒にやってみて、メロディーも歌詞も全部、FUKIとして表現できた曲です」





曲を作る時はめっちゃ恋バナをしながら作ってます(笑)



─ふたりで、どのように作り上げていくのでしょう。



「めっちゃ恋バナをしながら作ってます。“ケンカしたけど、どうしたらいい?”とか“メールの返事、何て書けばいい?”とか、そんな些細なことも全部話してて、女子会みたいな雰囲気で。不思議ですね、EIGOさんは、何でも話せちゃう存在なんです」



─ラブソングって、ダメージを受けたときによくできるじゃないですか。



「私も、そう。フラれた時とか失恋した時、落ち込んだ時にたくさん曲ができます。曲は、実体験をベースにしてることが多いですね。最近は、聞いた話や想像を歌詞にするようになったけど、アルバムの中では6割が実体験です」



─アルバムに入ってる曲で、素の自分に一番近い曲は?



「「LOVE DIARY」かな。今の等身大だと思います。すごいダメで、大雑把で、ふざけてる私だけど、こんな私といつも一緒にいてくれる人へ向けて書いたラブソングです。“これからもよろしく”って気持ちを込めて」



─アルバムタイトルにもなってますものね。FUKIさんの初期を代表するキミ三部作の2作、「キミがスキ」、「キミへ」がアレンジを変えて収録されていますが。



「せっかくアルバムに入れるのに、同じじゃつまらないじゃないですか(笑)。「キミがスキ」は“好き”っていうストレートな気持ちを分かりやすくするために、サビを一番最初に持ってきて。「キミへ」の場合は、オリジナルではアレンジにこだわってたんですけど、今回は歌と歌詞を際立たせるためにシンプルにストリングスだけにしてみました」



─曲と詞は、どっちから作りますか?



「決まってないし、こだわってもなくて。メロディが浮かんだら、それに合った歌詞を作るし、物語が浮かんだら歌詞を作って、それに合うメロディを作る感じ。無理しても浮かばないから、最近は気分転換をして、降って来るのを待ってます」



─メジャーデビューして変わったことはありますか。



「自分自身は、変わってないと思います。好きな曲を作って歌って、みんなに届けてる。でも、いろんなところでライブができるようになって、特に昔、自分が遊びに行っていたような場所で歌うときには、“メジャーデビューしたんだ”って実感します。すごいことですよね。より多くの人に届けられるのが、すごくうれしい。“こうやって広がっていくんだ”、“もっといろんな人に聴いてほしい”って気持ちは大きくなりました」



一緒にいるには、信頼できる人がいいですよね







─恋がしたくなる歌声といわれるFUKIさんご自身の恋愛観を教えていただけますか。



「一緒にいるには、信頼できる人がいいですよね。空気みたいで、気を使わないでいい人。私って、普段、本当にボーっとしてるので、そんな、ありのままの私を愛してくれる人。とにかく自然な感じがいいです。昔、付き合ってた人が料理好きで、毎日のようにお弁当を作ってくれていたんです。私、食べるのが大好きなので、ふたりでお弁当を食べるのが幸せでした。そんな感じがいいですね」



─最近は女の子が頑張らなきゃいけないことが、多すぎですよね。世の男子にアドバイスしてあげてください。



「クリスマスでも誕生日でもない、何でもない日にサプライズしてくれるとうれしいんじゃないかな? 花束をあげるとかベタだけど、そういう不意打ちにキュンとするものですよ(笑)」



─1stフルアルバムをリリースして、また新しいスタートを切るわけですが、これからどういう活動を目指していきたいですか。



「もっと多くの人たちに聴いてもらえるように、まだ出会ったことのない人たちに聴いてもらえるように、いろんな場所でライブをしたいです。そして、私の歌を聴いてくれる人たちの心の支えになるような曲をずっと歌っていきたいですね」



─FUKIさんの歌って、ポジティブな力をもらえますよね。



「悲しいとか寂しいとかいう共感はもちろんですけど、やっぱり、その先に答えを見いだせる曲を書きたいと思ってるんです。女子高生に支持されたっていうのも、彼女たちのことをお姉さんとして導いてあげたいって気持ちで歌詞を書いていたからじゃないかな? 最近は、同世代のOLさんのファンも増えてきました。私も歌に前に進む勇気を歌からもらったから、女の子の道を照らす曲を歌う人になりたいです」



FUKIリリース 情報














LOVE DIARY



11月15日発売



VIZL-1047 初回限定盤(CD+DVD) / 3,500円(税込)

VICL-64587 通常盤(CD) / 2,800円(税込)




「シンプルに泣けて。ナチュラルに恋して。胸をしめつける365日のラブソング」をテーマに12曲収録。 シェネルや平井大などを手がけるEIGOプロデュースのもと、西野カナなどを手がける佐伯ユウスケをはじめ、 豪華作家陣やミュージシャンが多数参加。



LINE MUSICリアルタイムランキング1位・AWAデイリーニューリリースランキング1位を獲得し、 フジテレビ系「魁!ミュージック」9月度エンディングテーマに起用された、アルバム先行Single「ホンモノの恋、はじめませんか?」他、iTunes Store J-POPチャート2位を獲得したConcept Album「キミへ ~LOVE SONG COLLECTION~」の中から、若者女性に絶対的な人気を誇る“キミ3部作(キミじゃなきゃ、キミがスキ、キミへ) の「キミがスキ」「キミへ」2 曲は特別バージョンで収録される。



<収録曲> 01. 365 02. 泣きたいんでしょ? 03. キミがスキ (LOVE DIARY Ver.) 04. LOVE DIARY 05. ふたりいろ 06. ホンモノの恋、はじめませんか? ※フジテレビ系「魁!ミュージック」9月度エンディングテーマ 07. すきだよ。 08. キミじゃなきゃ 09. キミへ (Strings Ver.) 10. 星になるから 11. With U ※テレビ東京系「超流派」6月レコメンド 12. 365 (Piano Ver.)

<初回限定盤特典DVD収録内容> キミじゃなきゃ (Music Video) キミへ (Music Video) With U (Music Video) ホンモノの恋、はじめませんか? (Music Video)






FUKIライブ情報



「LOVE DIARY」リリース記念 Special Free Live@イオンレイクタウン



日程:2016年9月22日(木・祝)



時間:14:30~



会場:イオンレイクタウンmori 木の広場



内容:ミニライブ+特典会(ジャケットサイン会&2ショット撮影)



対象商品:FUKI 9/21発売アルバム「LOVE DIARY」※イベント当日会場にて販売



FUKIワンマンライブ『LOVE DIARY』



日程:2016年11月2日(水・祝前)



開場:18:00 / 開演:19:00



会場:SHIBUYA CLUB QUATTRO(渋谷クラブクアトロ)



チケット:前売り ¥3,500(税込) / 当日券 ¥3,800(税込) ※ドリンク代別途必要 ※オールスタンディング



※チケット発売中



ローソンチケット(Lコード:75382) http://l-tike.com/order/?gLcode=75382



チケットぴあ(Pコード:310-821) http://ticket.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=1644321&rlsCd=001&lotRlsCd=



年齢制限:3歳未満入場不可

主催 / 企画 / 制作:NTTドコモ,PARCO,レインボーエンタテインメント,DISC GARAGE,ARTIMAGE INC.

後援 / 協力:Victor Entertainment,Inc



FUKIの関連記事をもっと読む



FUKIオフィシャルサイト