代官山ヒルサイドフォーラムを中心としたエリアで、3回目となる「代官山フォトフェア」が開催される。2016年9月30日(金)〜10月2日(日)。



さまざまな視点から写真集史を紹介



フェアでは、日本の写真史を総括的、多角的に展開する。「ヒルサイドプラザ」で催されるメインコンテンツ・写真展「The Photobook」は、戦後ユニークな変遷を遂げてきた日本の写真集史をメディア、デザイン、印刷技術、出版社をキーワードとして網羅的に紹介する初の試みだ。ゲストキュレーターに金子隆一氏を迎え、彼のコレクションを含めその魅力を多角的に披露する。



「代官山フォトフェア」の入場料は、一般1,500円、学生1,000円。



代官山フォトフェア



1960年代〜2000年代まで年代別にリレートーク



10月1日(土)には、展覧会関連企画として、各時代をリレー形式で語るトークプログラム「リレートーク」を開催。 司会にグラフィックデザイナーでパブリッシャーの町口覚氏を迎え、展覧会で紹介する写真集の数々とその背景をより深く学ぶことのできるスペシャル対談だ。



13時〜14時には、写真史家・写真集コレクターの金子隆一氏と1960年代〜70年代について、14時20分〜15時20分には、写真評論家の飯沢耕太郎氏と1980年代〜90年代について、15時40分〜16時40分には、写真史研究家・写真批評家の調文明氏と写真研究者の小林美香氏とともに2000年代について語られる。



各回定員は先着50名、参加費は各回500円で通し券が1,000円。会場は、アネックスA棟。



毎日トークセッションやレクチャーを



期間中は毎日、日本写真史にも造詣が深い国内外のキュレーターや評論家から、芸術写真の今とこれからを学べるプログラムもあり。



9月30日(金)18時〜19時には、写真家の高橋恭司氏と美術史家・東京藝術大学先端芸術表現科教授の伊藤俊治氏が、19時〜20時30分には、写真家の横田大輔氏と小林健太氏、編集者・キュレーター・京都造形芸術大学教授の後藤繁雄が登場する。



10月1日(土)11時〜12時30分には、「日本の新進作家vol.13 東京・TOKYO展」と題し、写真家の佐藤信太郎氏、中藤毅彦氏、野村恵子氏、元田敬三氏と、東京都写真美術館学芸員・玉川大学非常勤講師の藤村里美氏(予定)が集結する。また、同日15時〜16時30分には、J. ポール・ゲティ美術館のAmanda Maddox氏と写真家の志賀理江子氏が、17時〜18時30分には、キュレーター・ライター・編集者のJoshua Chuang氏と写真史家・写真集コレクターの金子隆一氏、19時〜20時30分には、テートモダン/写真部門シニア・キュレーターのSimon Baker氏がレクチャーする。



10月2日(日)13時〜15時には、「遠い場所の記憶 : 1951−1966」と題し、写真家の川田喜久治氏と東京工芸大学写真学科教授の吉野弘章氏が語る。



上記プログラムはすべて、各回定員は先着40名、参加費は各回500円、3回券1,000円、通し券1,500円。会場は、アネックスA棟。



「写真」の記事をもっと読む



■開催情報



「代官山フォトフェア」

開催日/2016年9月30日(金)〜10月2日(日)

開催時間/11:00〜21:00※最終日は17:00まで

会場名/代官山ヒルサイドフォーラム、ヒルサイドプラザ、アネックスA棟

定休日/なし



代官山フォトフェア 公式サイト