野田洋次郎

野田洋次郎




荒削りな美しさが作品世界と激しくリンクした、デビューシングル「ミカヅキ」で衝撃かつ鮮烈なデビューで話題の“酸欠少女”さユりが、RADWIMPSのボーカル野田洋次郎が楽曲提供・プロデュースを手掛けた新曲を、4thシングルとして2016年12月7日に発売することが決定した。



“酸欠少女”さユりは、人と違う感性・価値観に、優越感と同じくらいのコンプレックスを抱く“酸欠世代”の象徴=「酸欠少女」として、アコギをかき鳴らしながら歌う、20歳の2.5次元パラレルシンガーソングライター。



さユりのデビューシングル「ミカヅキ」を聴いた野田洋次郎が、その繊細な揺らぎを湛えた美しく無垢な歌声に惚れ込み、さユりに野田洋次郎独自の言葉世界に溢れる楽曲を提供、そしてプロデュースを手掛けることになった。



この曲には、“孤独を優しく抱きしめる”さユりの歌声が「必要」とされ、その楽曲は、野田洋次郎独自の言葉世界と、さユりの歌声がひとつになった、さユりとしても新しい世界に踏み込む“それでも”の先の新しい“共鳴”ソング。詳細は近日発表される。



>「“酸欠少女”さユり」の記事をもっと読む



>「野田洋次郎」の記事をもっと読む



“酸欠少女”さユり 公式サイト