今年デビュー15周年を迎えた中島美嘉、初となる台湾ライブの開催が決定した!

ライブ開催に先駆けて9月26日〜9月28日に台湾を訪れ、記者会見で台湾公演の詳細を発表することが決まった中島は、主催者BIG ARTを通じて「ファンの皆様、待っていてくださってありがとうございます。特別なコンサートにしますので是非ご期待ください。」と表明。



2001年のデビュー以来演技や音楽の表現力で日本のみならず、海外からも注目を集め、人気コミック「NANA」の映画化でアジアに中島美嘉の名が広く知れ渡り、名曲「雪の華」もアジア各地の歌手にカバーされている。



映画『NANA』の宣伝期間、台湾にも近い香港を訪れた際、当時、取材をおこなった台湾メデイアに対して、「台湾へも行ってみたい」と話したが、あれから早10年。節目となる15周年、海外初ワンマンライブの開催地に台湾が決定した。



最近の音楽活動では、ギタリスト土屋公平と組んだロックバンド「MIKA RANMARU」で、東名阪でのライブを成功させたばかり。

10月5には、デビュー15周年記念初のCD付き自叙伝SONGBOOK「あまのじゃく」をリリース、 11月2日には映画『ボクの妻と結婚してください。』(11月5日公開)の主題歌となる1年ぶりのシングル「Forget Me Not」の発売も決定など精力的に活動。アジア各地より、長年に渡るライブ開催のラブコールを受け続け、決定した本公演。具体的な内容はまだ明らかになっていないが、今回、台湾のライブを重視してる中島は、「お待たせしたファンの皆様を失望させたくないので、頑張ります」と意気込みを語っている。



ライブの詳細は中島美嘉自身が記者会見の場で発表。J-POPファンにとって、2016年で最も期待すべき重要な日となるだろう。



矢継ぎ早に新情報が発表されるなか、現在発売の『ハーパーズ バザー』12月号にてブルガリの新フレグランス「ローズ ゴルデア」のプロモーション企画で妖艶な姿を披露している。また本企画のボードが9月26日より、参道駅構内に期間限定で掲出される事も決定。ゾンビ姿からビューティ系まで幅の広いビジュアルをこなす中島美嘉にも一層の注目が集まる。



>「中島美嘉」の記事をもっと読む



中島美嘉 オフィシャルサイト