それは熱狂につぐ熱狂だった。



メタルダンスユニット・BABYMETALの3度目のワールドツアーの最終公演、“BABYMETAL WORLD TOUR 2016 LEGEND –METAL RESISTANCE– RED NIGHT & BLACK NIGHT”の、9月19日に東京ドームで行われたRED NIGHT公演を見た。


約5万5000人(両日で約11万人!)を動員したこの日、アリーナ内を練り歩く骨達に煽られ、場内は開演前から大盛り上がり。BABYMETALの登場を今か今かと待ち望んでいる様子。フロアのセンターに円形のステージ。そこから大きな棺の形をした花道が三方向に伸びている。さらにステージ中央には、天井に届きそうなほど高いタワーがそびえ立ち、これから始まるパフォーマンスへの期待をより一層高めた。



いよいよ客電が落ちると、歓声はさらに大きくなり轟音に変わった。スクリーンの映像と共に流れ出したのは、メタルの神・キツネ様のお告げ。そのお告げによると19日のRED NIGHT、20日のBLACK NIGHTの2日間で“鋼鉄の調べ”が被ることはないという。一夜限りのメニュー。プレミアムライヴのスタートだ。



やがて照明がドーム内を真っ赤に染めたあと、無数のライトがまっすぐに天井を照らした時、BABYMETALの3人がタワーの頂上に現れた。その時の大歓声を忘れることはないだろう。堂々たる表情で、それぞれにBABYMETALのフラッグを手に、ゆっくりと階段を降りるSU-METAL(Vo、Dance)、YUIMETAL(Scream、Dance)、MOAMETAL(Scream、Dance)の3人。下のステージから炎が上がると共に一曲目の「Road of Resistance」がスタート。



ドラマティックなオープニングだ。SU-METALの「Sing it!」の声に、拳を振り上げながら大合唱するオーディエンス。その間にステージへと降りて来ると、「かかってこいやー!」とさらに煽るSU-METAL。オープニングでありながらラストシーンかと錯覚するほどの興奮に場内は包まれていた。



早々にBABYMETALのもつパワーの偉大さに圧倒される。

続く「ヤバッ!」「いいね!」とキャッチーなナンバーを畳み掛ける。「いいね!」ではメンバーに合わせてオーディエンスも一斉に折りたたみヘドバン。凄まじい一体感を見せた。



鼓動が脈打つようなイントロから始まった「シンコペーション」をクールに歌い上げた後、SU-METALがタワーの頂上に再び現れた。ピアノイントロが始まると、一転して会場は静寂に包まれる。ソロナンバー「Amore –蒼星–」を透明感のある声で熱唱するSU-METAL。その姿を映し出すスクリーンでは、その背中に大きな翼が生えていた。



続く「GJ!」はYUIMETAL、MOAMETALソング。337拍子のリズムに合わせてフロアも大きく手拍子。会場を巻き込む2人のダイナミックなダンスパフォーマンスも圧巻だった。真っ赤なライトがステージを照らす中、再びSU-METALがソロ曲「悪夢の輪舞曲」をじっくりと聴かせた。「4の歌」ではYUIMETAL、MOAMETALが“幸せの4”“おいCの4”などと、会場を4チームに分けて煽り大いに沸かせた。



技巧派が揃う神バンドのセッションを間に挟み、3つの花道のそれぞれの先に現れたメンバー。ゆっくりとセンターステージに歩を進め、「Catch me if you can」から後半戦がスタート。スキップしながら鬼ごっこ。時折見せるキュートな笑顔とパフォーマンスに釘付けだ。














続くヘヴィサウンド炸裂のキラーチューン「ギミチョコ!!」から「KARATE」へ。5万5000人のシンガロングが印象的だった。そして、「Tales of The Destinies」をライヴで初披露。SU-METALのハイトーンヴォイスが心地よく突き抜けていく。



そして曲終わりに暗転すると、会場が光の海に。入場時に渡され、オーディエンス達が首にしていた透明のネックコルセットが一斉に発光したのだ。「おおっ!」と大きなどよめきが起きる。その中をゴールドのマントに身を包んだ3人が花道に登場。ラストソング「THE ONE –English ver. –」を歌いながらセンターのステージへと歩いていく。そして掲げられた人差し指。みんなと一つに。そんなメッセージを残し、BABYMETALは霧の中へと消えて行った。



約1時間半、最初から最後までオーディエンスの意思は彼女達の手中にあった。真の熱狂とはこういうことだろう。体の動きも感情の揺れも、まるで支配されているかのようだ。そして訪れる恍惚感に涙する。至高のエンタテインメントを堪能した夜だった。



 

 




10月5日(水)に全国5ヵ所のZeppホール(札幌、東京、DiverCity Tokyo、名古屋、なんば)で、この2日間の模様が一挙見できるライヴビューイングイベントが開催されるという。この日のためだけのディレクターズカット版とのこと。まだBABYMETALを見たことがないという人に、ぜひこの恍惚感を、一体感を体感してほしいと思う。(文:大窪由香)



BABYMETAL WORLD TOUR 2016 LEGEND - METAL RESISTANCE ‒

RED NIGHT & BLACK NIGHT LIVEVIEWING





▶︎日時:10 月5 日(水) 18:00 OPEN / 19:30 START

▶︎会場:Zepp Sapporo、Zepp Diver City(TOKYO)、Zepp Tokyo、Zepp Nagoya、Zepp

Namba(OSAKA)

▶︎料金:・MOSH'SH PIT 4,800 円 (税込/1F スタンディング/整理番号付)

※中学生未満の方の入場は禁止となります。

※ご入場時ドリンク代別途500 円が必要となります。

・THE ONE SEAT 9,800 円

(税込/2F 着席/全席指定/「TOKYO DOME MEMORIAL」フェイスタオル(GOLD)付)

※THE ONE 限定販売

※ご入場時ドリンク代別途500 円が必要となります。

▶︎チケット:

【THE ONE 限定特別チケット先行】2016年9月20日(火)21:00〜2016年9月22日(木・祝)23:59

▶THE ONE SEAT 受付ページ:https://theone.babymetal.jp/ticket/TD-LV.php

【一般発売】 9 月24 日(土)18:00 〜

●ローソンチケット:http://l-tike.com/cinema/babymetal-lv/ (PC、モバイル共通)

●ローソン、ミニストップ店内の端末「Loppi」にて販売

※<MOSH'SH PIT>のみの発売となります。<THE ONE SEAT>の販売はありません。

※一般発売は先着順での受付となりますので、予定枚数に達し次第受付終了となります。

▶︎プレイガイドチケットに関するお問い合わせ:

ローソンチケット 0570-000-777(10:00〜20:00 オペレーター対応)

▶︎BABYMETAL WORLD TOUR 2016 LEGENLEGEND - METAL RESISTANCE ‒ RED NIGHT & BLACK

NIGHT LIVEVIEWING 情報サイト

http://liveviewing.jp/babymetal-redblack/





BABYMETALの関連記事をもっと読む



BABYMETALオフィシャルサイト