東京ドームシティ(東京・後楽)で、イルミネーション「恋するイタリア 光の魔法を、アモーレたちへ。」が開催される。今回は、日伊国交150周年を記念して、イタリアとコラボレーションする。開催期間は2016年11月10日(木)〜2017年2月19日(日)。



魔法使いが、東京を輝くイタリアに



クリエイティブディレクターには、“空気をデザインする”をテーマに空間に係るさまざまなクリエイションを手掛ける長谷川善美氏を起用。イタリアのクリスマスに、キャンディやチョコレートを配る「魔法使いベファーナ」が、東京ドームシティに光の魔法をかけてくれるというストーリーを展開する。



開催初日の11月10日(木)17時より、ラクーアガーデンステージで特別ゲストによる点灯式が行われる。



ピサの斜塔も登場! 見どころ満載の「ラクーアエリア」



ピサの斜塔外観(イメージ)

ピサの斜塔外観(イメージ)(c)VELVETA DESIGN




今年は、輝く「ピサの斜塔」が登場。実際の建物の第2リングまで、約1/3スケール(高さ約6m)で再現する。中には、熟練の職人によって、ピサ県ヴォルテッラ市で採掘されるアラバストロ石で製作された1/25スケール(高さ約3m)の日本初となる「ピサの斜塔」モニュメントを展示する。





ギャラクシードーム(イメージ)

ギャラクシードーム(イメージ)





ミルキーウェイ(イメージ)

ミルキーウェイ(イメージ)





ドルチェフロート(イメージ)

ドルチェフロート(イメージ)






ほか、フルカラーで変化する高さ10m、直径12mのドーム型イルミネーション「ギャラクシードーム」や、全長約140mの光の回廊「ミルキーウェイ」、水面に揺らめくボール型イルミネーション「ドルチェフロート」、ヒマラヤ杉を飾り付けた「アモーレツリー」などのイルミネーションがエリア内を彩る。



なお、「ギャラクシードーム」「ミルキーウェイ」には、日本マイクロソフトのKinect for Windowsセンサーを搭載しており、人の動きに合わせてイルミネーションの輝きや音楽が変化する。



幻想的な水の都「クリスタルアベニュー」





ベネチアンリバー(イメージ)

ベネチアンリバー(イメージ)(c)VELVETA DESIGN





青の洞窟(イメージ)

青の洞窟(イメージ)






エリア内の「ベネチアンリバー」では、永遠の愛が約束される橋「ため息橋」など、幻想的な水の都であるベネチアを再現する。さらに、ミーツポートとアトラクションズエリアを結ぶ2階部分には、カプリ島の「青の洞窟」をイメージした全長80mのトンネルが登場。イルミネーションと楽曲が連動した演出を予定している。



イタリアの恋のパワースポットも登場



ジュリエットハウス(イメージ)

ジュリエットハウス(イメージ)(c)VELVETA DESIGN




ミーツポートエリアには、名作「ロミオとジュリエット」の有名なワンシーンの舞台、「ジュリエットハウス」を再現。「ジュリエットハウス」はイタリアに実在するもので、世界各地から多くの恋人が訪れ、恋の手紙も多数届くところ。ボランティアスタッフからなるジュリエットクラブの秘書たちから丁寧な恋愛のアドバイスが返ってくるという。これにちなみ、同イベントでも、来場者が無料で恋愛成就のカードに恋のお願いを記入することができる。投稿したカードは、実際のジュリエットハウスへ発送される。



アトラクションから光の世界を観賞



イルミネーションの観賞は無料だが、イルミネーションの開催に合わせてアトラクションの特別チケットを販売する。11月10日(木)〜12月25日(日)の期間には、17時以降のアトラクションが乗り放題の「クリスマスパスポート」を各日17時より発売。料金は、大人2,900円、シニア・中人2,400円。



また、11月10日(木)〜2017年2月19日(日)には、17時以降のアトラクション3回券となる「イルミライド3」を各日17時より発売する(12月23日〜25日は除く)。料金は、大人・小人共通1,600円。



「イルミネーション」の記事をもっと読む



■開催情報



東京ドームシティ Special Winter Experience

「恋するイタリア 光の魔法を、アモーレたちへ。」

開催日/2016年11月10日(木)〜2017年2月19日(日)

開催時間/16:00〜25:00※場所により一部異なる

会場名/東京ドームシティ全域(東京都文京区後楽1-3-61)

定休日/なし



東京ドームシティ 公式サイト