キッズ向けTVアニメ『カミワザ・ワンダ』(TBS系)の主題歌を、10月1日からHKT48が担当することが決定し、曲を歌う選抜メンバーが発表された。


同番組はは主人公の少年ユートと宇宙犬ワンダが、トラブルを引き起こすモンスター・バグミンを浄化(デバッグ)して、力を合わせて地球を救うストーリー。



主題歌となる新曲のタイトルは「バグっていいじゃん」。



そして、この曲のセンターを務めるのは、HKT48のシングル曲では初となる指原莉乃が決定している。



明るい曲調の中に「人生は失敗してもやり直せばいい!」というポジティブなメッセージの込められた応援ソングとなっている。



HKT48の宮脇咲良は「アニメの主題歌はすごく憧れだったので。お子さんだったり、家族一緒にカラオケで盛り上がっていただけたらうれしいなと思います」とコメント。また、兒玉遥は「今までは『HKT48の楽曲です』という感じで歌わせていただいていましたけど、今回はアニメ『カミワザ・ワンダ』の良さがしっかり伝わるように歌っていけたらいいなと思ってます」とコメントしている。



同番組は毎週土曜、朝7時〜TBSにて放送予定。



>HKT48の記事をもっと見る