これまで茶問屋として卸売業を中心に全国の茶専門店、菓子メーカー、商社等との取引を行ってきた宇治茶の老舗「辻利」。一般の人々にも良質なお茶を愉しんでもらいたいと、創業の地・宇治に旗艦店となる「辻利 宇治本店」を、2016年9月28日(水)にオープンした。



辻利 宇治本店 外観パース

辻利 宇治本店 外観




歴史と茶匠の誇りを感じる店内



辻利 宇治本店 内観パース

辻利 宇治本店 内観




同店は、古民家を再生し、創業150余年の歴史に裏付けられた威厳と風格が漂う店舗。店内一角には昔ながらの座売りを再現し、動きと活気のある空間を演出している。



最大の魅力は、お茶専門店ならではの品揃え。辻利が製法を確立させた玉露のほか、煎茶、焙じ茶、玄米茶、抹茶、季節にあわせて辻利の茶匠が選び抜いた旬のお茶を50種類ラインナップしている。なかでも辻利秘伝のレシピによる“碾茶(てんちゃ)”は、石臼で挽く前の抹茶のもととなる茶葉で、水でじっくり抽出すると極上の香りとうまみを感じられる。これらは、セルフのお茶販売スペース、中央の座売りスペースで試飲できる。



茶房で、丁寧に淹れたお茶を“飲みくらべ”



茶房メニュー「冷茶飲みくらべセット」

茶房メニュー「冷茶飲みくらべセット」




茶房では、茶匠が厳選したさまざまな種類のお茶を味わえる。なかでも玉露、煎茶、焙じ茶の3種類のお茶を同時に楽しめる「冷茶飲みくらべセット」(1,000円・税抜)は、同店でしか体験できないメニュー。また、店頭で手作りする最中は、茶を引き立てる名脇役。たっぷりの餡ともちもちの求肥が大満足の一品だ。



庭を見通せるテラス席では、四季の移り変わりを眺めながら、老舗こだわりのお茶を体験できる。



「辻利」について



良質な茶の産地・宇治で、創業萬延元年(1860年)に創業。幕末動乱のなか、宇治の茶師達は徳川幕府の庇護を失い、宇治の茶園は荒廃の一途をたどっていた。その様子を憂いた「辻利」の創業者「辻利右衛門」は、保存性の高い茶櫃(缶櫃)を考案してお茶の販路を拡大し、また玉露の茶葉を針状の美しい鮮緑に仕上げる「玉露製法」を確立。高級茶の代名詞とも言われる宇治茶復興の礎を築き、茶業の改善に大きく貢献した。



辻利の精神 は、千利休が説いた「守・破・離」。“守(しゅ)”は型や決まり事を身に付けること、“破(は)”は他の良いところを取り入れること、“離(り)”は独自の新しいものを生み出し、確立させることを表している。この精神に基づき、茶の良いところを世に伝えるため伝統的な製造法を守りつつ、型にとらわれない茶の新しい可能性を探求している。



これら創業の志を受け継ぐ「辻利」の嫡流は暖簾分け、分家という形で今も脈々と受け継がれ、現在の「辻利」本家は5代目が継承。創業者辻利右衛門の心を忘れることなく、京都宇治を拠点に良質のお茶を届けている。



「抹茶」の記事をもっと読む



■店舗情報



「辻利 宇治本店(つじり うじほんてん)」

オープン日/2016年9月28日(水)

営業時間/10:00〜18:00、茶房11:00〜17:00(L.O.16:30)

定休日/4月〜11月は水曜、12月〜3月は火・水曜



辻利 宇治本店 公式サイト