2013年に本場アメリカで誕生し、話題を呼んだスターバックスのティー(茶類)ブランド「TEAVANA™(ティバーナ™)」。ヨーロッパに続き、2016年10月3日(月)に日本上陸を果たす。



スターバックスでお茶を楽しめる! ティーブランド「TEAVANA™ (ティバーナ™)」



スターバックスがこれまでにないティー体験を実現すべく設立したブランド。大胆なアレンジと、複雑に折り重なる味わいが特徴だ。



2013年よりアメリカのスターバックスで販売を始め、今秋より日本を含むアジア・パシフィック地域6,200以上の店舗で楽しめるようになる。



ブランドコンセプトは“ TEA REIMAGINED (ティーを多彩に変えていく。)”。さまざまな種類の茶葉にフルーツや花、ハーブやスパイスなどをブレンドした商品だけでなく、それらをこれまでとは異なる抽出方法、素材などと組み合わせて作り上げるメニューを展開する。



第1弾の定番メニューは「ゆず シトラス&ティー」



日本の定番メニューの第一弾は「ゆず シトラス & ティー」。ピンクグレープフルーツをはじめとした様々なシトラスフルーツに国産ゆずの果皮を組み合わせ、酸味を抑えながら豊かな風味に仕上げている。ジュースのスチーミングの音から始まり、シトラスのイエローとティーの琥珀色が重なってキレイなゴールドカラーの見た目が生まれ、スッと香るゆずが気持ちをリフレッシュさせてくれる。 また、ブラックティーのわずかな渋みとシトラスの鮮やかな風味、そして、ゆずの皮の歯ざわりや、果肉の舌触りのすべてがあいまって、五感で“ティーの世界”を堪能できる。



ほかにも、従来の「ブラックティー」「パッションティー」に加え、以下の5種類が仲間入り。



・「イングリッシュブレックファスト」アッサム、セイロンなどのブラックティーをブレンドし、ミルクとの相性もいい。

・「 アールグレイ」ブラックティーにベルガモットエッセンスとラベンダーを組み合わせた華やかなブレンド。

・「ミントシトラス」グリーンティーにレモンバーベナ、レモングラスを組み合わせ、爽快なフレーバーを与えるスペアミントをブレンド。

・「カモミール」ブラックベリーリーフ、レモングラス、ローズペタルなどをカモミールと組み合わせた、やわらかなフローラルブレンド。

・「ほうじ茶」香ばしく豊かな風味を追及した茶葉をブレンド。



これらはストレートのほか、ティーラテで楽しむのもおすすめ。


10月3日(月)〜30日(日)の期間限定で、「スターバックス コーヒー 銀座マロニエ通り店」2Fフロアに「TEAVANA」™ブランドの世界観を体験できる空間が登場する。



スターバックスといえばコーヒー、を覆す新たなスターバックスの世界を楽しみたい。



「スターバックス」の記事をもっと読む



■商品情報



「ゆず シトラス & ティー」 (Hot・Iced)

Short 390円、Tall 430円、Grande 470円、Venti® 510円(すべて税抜)

取扱店舗/全国のスターバックス店舗 (一部店舗を除く)



STARBUCKS® TEAVANA™