約8年ぶりに復帰した宇多田ヒカルが、28日に発売した6thアルバム『Fantôme』が日本のみならず各国のiTunesアルバムランキングで上位にランクインしていることを知り、公式Twitterで「はひ!?」と驚きを示した。



宇多田が今回リリースした新アルバムは、NHKの朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の主題歌「花束を君に」や『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』のテーマソング「桜流し」 の他、「二時間だけのバカンス」(椎名林檎参加)や「忘却」(KOHH参加)、「ともだち」(小袋成彬参加)を収録して話題を呼んでいる。国内の各種アルバムランキングでは首位を快走中だ。



28日深夜に、フランス版のiTunesランキングで12位だと語ったファンのツイートに「なにこれどういうこと?笑」と反応。その後、アメリカ版の同ランキングでも上位にランクイン(宇多田のリツイート画像では最高6位)したことを知ると「ええええ?!」「はひ!?」と驚きの気持ちをツイートした。



宇多田の同ツイートには、「congratulations!(おめでとう!)」などと海外ユーザーからも喜びのコメントが集まっている。また同アルバムは29日現在、イギリスやアジア圏各国のiTunesランキングでも上位に食い込んでいる。



>宇多田ヒカルの記事をもっと見る