池袋パルコミュージアムで、デザインをより身近に楽しみながら学ぶための体験型の企画展「PARCO DESIGN MUSEUM」が開催される。期間は2016年10月21日(金)〜30日(日)。



デザインやアートを楽しむきっかけに



本展は、インテリアとデザインを軸に活動する「アッシュ・ペー・フランス BATOMA(場と間)」プロデュースによるもの。旬なデザインテーマを掲げ、展示やワークショップなどの体験型コンテンツを展開。池袋の街が大人も子供も訪れる“楽しい”カルチャーの発信地となることを目指す。入場無料。



今回のデザインテーマは、“保存”



吉田愛氏

吉田愛氏




コレクターによるモノの保存、食材の保存、アーティストが作品にした保存……etc.。



一言に保存と言っても、様々な意味合いが存在する。本展では、人類の発展に不可欠だった“保存”を、“食”“デザイン”“アート”などを切り口として、多種多様なあり方を紹介する。



古来からの知恵によって発展してきた保存食“発酵食品”や、コレクター独自の視点で蒐集された様々なモノ、保存するための技術をアートに昇華させた作品たちが、SUPPOSE DESIGN OFFICE の吉田愛氏の構成によって会場に並ぶ。会期中は、ワークショップやセミナーなど様々なイベントを開催する他、“保存”をテーマに集められた商品が並ぶ、ここだけのミュージアムショップも登場。様々な角度から、改めて“保存”という概念を見直し、その重要性を体感できる。


「デザイン」の記事をもっと読む


■開催情報



「秋のおでかけ」の記事をもっと読む



「PARCO DESIGN MUSEUM」

開催日/2016年10月21日(金)〜30日(日)

開催時間/10:00〜21:00※最終日は18:00閉場

会場名/パルコミュージアム(東京都豊島区南池袋1-28-2 池袋パルコ 本館7F)

定休日/なし



パルコミュージアム 公式サイト