日本ものづくりストア「d47 design travel store」で、北海道で見つけた“高橋工芸の木の器”を展示・販売している。期間は2016年10月26日(水)まで。



薄さわずか2mmを実現する、丁寧&高い技術



同店は、d47 design travel store編集部が、全国を取材して巡る道中に出会った、各地の人々が作る魅力的なものと込められた思いを紹介、販売するストア。



今回紹介するのは、北海道にある「高橋工芸」が手掛ける温もりある器など。「高橋工芸」は、1965年旭川で創業し、創業時は家具の脚などを手掛けていたが、需要低迷に伴い、1980年代から技術を生かしたロクロ挽きのカップを制作し始めた。



「セン」の木で作った薄さわずか2mmほどの「Kamiグラス」を筆頭に、北海道産の樹種を用いた機能的な日常品を制作している。デザイナーとも時間をかけて取り組み、暮らしの中で使いながら試作を重ねて生み出された器は、ガラスや陶器とはまた違う木ならではの温もりを持っている。ひとつひとつ表情の違う木の器手に取って感じてみては。



「d47 design travel store」の記事をもっと読む

「ものづくり」の記事をもっと読む



■開催情報



「北海道 高橋工芸のしごとー木から生まれる器ー」

開催日/2016年9月28日(水)〜10月26日(水)

開催時間/11:00〜20:00※最終日は17:00まで

会場名/d47 design travel store(東京都渋谷区渋谷2-21-1)



d47 design travel store 公式サイト