星野リゾートが、2017年4月13日(木)、全国で展開している日本初の温泉旅館ブランド「界」の新施設「星野リゾート 界 アンジン」を、 静岡・伊東市にオープンする。



伊東の地ならでは! 船や船旅がテーマ



星野リゾート 界 アンジン



同施設は、地上8階建て、客室数全45室の海辺に佇む温泉宿。伊東市内で2軒目、界通算14施設目となる。ご当地の魅力を伝える同施設らしく、日本初の西洋式帆船が造船された伊東の地にちなんで、随所に海や船旅をテーマにしたデザインが施されている。





星野リゾート 界 アンジン




星野リゾート 界 アンジン





1階のロビーラウンジや各階の客室では、舵(かじ)やランプなど、マリンアンティークが組み込まれたアートワークを見ることができる。また8階のサンブエナデッキは、空間自体が船の甲板をモチーフに設計された、海風を感じる心地よい空間だ。



内装デザインは、商業空間のデザインを数多く手掛けている設計事務所「スーパーポテト」が手掛ける。



名称の由来になった人物・三浦按針(あんじん)とは?



英国人航海士ウィリアム・アダムスは、江戸時代初期に徳川幕府に栄えた英国人航海士。静岡県伊東市にて日本初の西洋式帆船サン・ブエナ・ベントゥーラ号を造船した。時の将軍徳川家康公にその功績を称えられた彼は、船舶を安全かつ効率的に港に導くスペシャリスト「水先案内人」を意味する「按針(あんじん)」という日本名を授かった。按針メモリアルパークの前に建つ同館の名称は、その名に由来している。



ロケーションの良さを存分に感じる、最上階の露天風呂&デッキ



星野リゾート 界 アンジン



最上階には、目の前に広がる太平洋を一望できる大浴場が。男女それぞれに、御影石の内風呂と海風を感じる岩造りの露天風呂を備えている。光り輝く日の出や空のグラデーションが美しい薄暮、海に映る月の道・ムーンロードや花火まで、ダイナミックな景色を満喫できる。



また、最上階には、贅沢な湯涼みがかなう湯上がり処とそれに続く展望デッキ「サンブエナデッキ」もあり。「サンブエナデッキ」は三浦按針が造船した帆船名が由来の、船の甲板をモチーフにした開放的な空間だ。



海や船旅に由来するアートな空間「按針みなとの間」



星野リゾート 界 アンジン



界では、滞在を通して地域の文化に触れられる「ご当地部屋」を用意している。新館のご当地部屋は、その昔船旅で使われていた舵(かじ)や櫂(かい)などを取り入れたアートワークを設えた、海への浪漫をかきたてるデザインになっている。部屋によっては、アンティークな音を楽しめるレコード機器もあり。全室、オーシャンビューを楽しめ、ローソファを配したリビングと、界オリジナル寝具「ふわくもスリープ」を備えたベッドスペースに分かれている。



英国のエッセンスを加えた和会席



星野リゾート 界 アンジン



食事は、伊豆らしさを感じる食材に、三浦按針の出身である英国のエッセンスを加えた和会席。伊豆の名産を味わえる先付「和のフィッシュアンドチップス」や、ハイティーツリーをイメージした3段の器を用いた八寸、そして英国の伝統料理からヒントを得た台の物「鮮魚と柑橘の紙蓋焼き」など、沢山の海の幸を堪能できる。



プライベート感のある半個室の食事処で、夏は伊東の風物詩でもある花火を見ながらの食事も叶うという。



地域の文化を体感できる無料体験プログラム「ご当地楽」



星野リゾート 界 アンジン



「水先案内人のとっておき術」というテーマで三浦按針が造船した日本初の西洋式帆船サン・ブエナ・ベントゥーラ号の模型や、航海にまつわるツールを用いたプログラムを毎日開催。水先案内人であった三浦按針に想いを馳せ、大航海時代の船旅に触れるひとときを満喫してみては。



季節によりプログラムは変わる可能性あり。



「星野リゾート」の記事をもっと読む



■施設情報



「星野リゾート 界 アンジン」

オープン日/2017年4月13日(木)

住所/静岡県伊東市渚町5-12



星野リゾート 界 アンジン 公式サイト