10月7日にオンエアされたTBS系の番組「A-Studio」にゲストとして“岩ちゃん”こと岩田剛典が登場した。



ゲストの人生に影響を与えた人たちに笑福亭鶴瓶が直接会いに行き、当時のレアなエピソードを聞く番組だけに岩田は、「今日、ずっとドキドキしてますよ。どんなエピソードが出てくるか気が気じゃない」と言いながらも爽やかな笑顔。



笑顔で何でも事を済ますな



初舞台を踏んだ時の演出家に「笑顔で何でも事を済ますな」と怒られた話も明かされるなか、鶴瓶がいちばん驚いていたのは後頭部に派手な剃り込みが入っている高校時代の部活中(ラクロス部)の写真。



まだダンスを始める前だったものの「ワイルドな見た目に憧れた時期があって、結局、そのキッカケって何なのか考えたらATSUSHIさんなんですよね」と色黒になりたくて日サロに通っていたことを話すと“今はこんなに白いのに”と再びビックリされていた。



慶応中学からの同級生たちの写真に岩田は?



そして慶応中学からの同級生や高校時代の同級生に鶴瓶が会った時の写真が公開されると懐かしさでいっぱいの表情に。



高校時代のラクロス部の7人の集合写真を見た時には「えー!? 中井が痩せすぎてる!」とゴールキーパーだった仲間の変貌ぶりに無邪気な表情になりテンションアップ。今は結婚されていると聞いた時には「そうなんですか。ちょっと僕、時が止まってますね」とやや切なげだった。



番組の中では慶応大学に進んで家族に将来を期待されていた岩田がパフォーマーの道を歩むことを決意して大反対されたエピソードも明かされた。



高3でダンスに目覚め、後にダンスチームの仲間が小林直己と知り合いだったことがキッカケで、小林と深夜から朝方までダンスバトルをすることになり、EXILEのオーディションを受けることになった岩田だが、その時にはすでに就職が内定していたのだとか。



「母親に“合格したよ”って言ったら1分近く応答がないんです。何か聞こえてくると思ったら、しくしくしくしく泣いていた」と当時の思い出を語った。



HIROからのLINEがあると…?



そんな岩田が唯一、今でも年賀状を出しているという小学校時代の恩師との心あたたまるエピソードも披露され、後半では鶴瓶と森川葵に三代目J Soul Brothersを大ブレイクさせた「R.Y.U.S.E.I」の振り付けをレクチャー。



鶴瓶がHIROのメールの返信がおそろしく早いというエピソードを話すとEXILEのグループLINEでHIROからの提案があると「しっかりした文章なので、みんな中途半端には返信できないから文章をしっかり作るんですが、それが大変なんですけど」と本音(?)を漏らしていた。



三代目J Soul Brothersの関連記事をもっと読む