いまや、日本国内だけでなく、世界中で活躍し魅了している日本のヴィジュアル系バンドたち。その彼らが一堂に会する史上最大規模のヴィジュアル系ロックフェス【VISUAL JAPAN SUMMIT 2016】が、10月14〜16日の3日間にわたって幕張メッセにて開催される。



イベントの首謀者たちであり、第1弾出演者として発表されたのが、X JAPAN/LUNA SEA/GLAYの3バンド。そして10月10日現在までに、計53組ものアーティストの出演が決定、つい先日には第7弾としてHYDE×YOSHIKIのスペシャル・ユニットも発表されてシーンを驚愕させたばかり。



今回はイベント出演バンドの中から、期待の10組10曲を(当日披露するかしないかは、さておき)独断ピックアップ。幕張メッセに参戦する人も、ライブビューイング参加の人も、この一大イベントを大いに楽しんで盛り上げてほしい。(文:荒澤純子) ※掲載はVISUAL JAPAN SUMMIT 2016オフィシャルサイト日程掲載順









lynch.の持ち味が凝縮された「F.A.K.E.」で幕張を混沌の渦に!










lynch./F.A.K.E.(『AVANTGARDE』収録)




2004年に名古屋で結成されたlynch.。今もなお名古屋を本拠地として活動中の彼らだが、初のフリーライブの開催、数々のイベント出演、そしてニュー・アルバムのリリースなど、さらに精力的に活動をしてきた2016年。やはりこの大舞台では、最新の彼らの楽曲をガツンとカマしてほしいところ。



最新アルバム『AVANTGARDE』収録、彼らの持ち味である美しいメロディと激しさが混ざり合う「F.A.K.E.」で会場を混沌の渦に巻き込んでほしい。



イベント出演から2日後、16日よりアルバム・リリースに伴う全国ツアーがスタート。





 





lynch.の関連記事をもっと読む



NOCTURNAL BLOODLUSTの重厚感漂う「Malice against」










NOCTURNAL BLOODLUST/Malice against(『ZēTēS』収録)




2009年に結成されたNOCTURNAL BLOODLUSTは、ハードコアやラウドロックといった音楽を基盤に活動を開始しているだけに、いわゆる“V系”という枠では収まりきらない音楽性と世界観を展開しているのが特徴的。



今年は初のヨーロッパ・ツアーも成功に収めている彼ら。4月にリリースされた最新アルバム『ZēTēS』収録の「Malice against」は、重厚感ありスクリーモあり、彼らの世界観を知るに必聴の1曲だ。



本イベントやLOUD PARKへの出演と前後して行なわれている自身のワンマン・ツアーが、10月15日より再開。





 





 



R指定「病ンデル彼女」で心をえぐられたい!










R指定/病ンデル彼女(『病ンデル彼女』収録)




2008年より現メンバー&現バンド表記にて福岡で活動をスタートさせたR指定。リスナーの心を刺し、えぐっていく楽曲や歌詞の世界観で、いまやシーンの中でも押しも押されもせぬ地位を確立している。



そんな彼らのイベント出演時のキラー・チューンと言えば、やはり「病ンデル彼女」だろう!! メンバー5人それぞれが違った魅力を放つステージ・パフォーマンスと共にハマりたい世界だ。



R指定は年末年始にかけて、全国ワンマン・ツアーを開催。





 





 



結成10周年のLM.Cが見せるハッピーな空間










LM.C/レインメーカー(『レインメーカー』収録)




今年結成10周年を迎えた、2016年は10周年にまつわる活動を続けて来た、maya(Vo)とAiji(G)の二人からなるLM.C。



会場が一体となってシンガロングできる楽曲が揃った彼らの世界は、まさにハッピーになれる空間そのもの。このイベントでも抜群の世界を見せてくれるだろう。イベントにふさわしい楽曲は数多くあるが、“往年のV系”の雰囲気も漂う最新シングル曲「レインメーカー」こそ、ぜひこの日に聴いてみたい。



イベント出演翌日の16日、10周年記念ライブを舞浜アンフィシアターにて開催。







 



LM.Cの関連記事をもっと読む



DEZERT、キレッキレなパフォーマンスとカリスマ性が炸裂!?










DEZERT/包丁の正しい使い方(※現在入手不可)




2011年に活動開始したDEZERT。そのキレッキレなステージ・パフォーマンスと、グロテスクな歌詞世界とが話題を呼び、一気にシーンのトップに躍り出た。特に千秋(Vo)の持つカリスマ性は絶大で、それは今イベントでも充分に見せつけてくれるだろう。彼らのライブで欠かせない曲と言えばやはり、ファスト・チューン「包丁の正しい使い方〜終息編〜」だろう。



11月23日には、すでに入手不可能となった楽曲を収録した『完売音源集-暫定的オカルト週刊誌②-』(「包丁の正しい使い方」は未収録)がリリースとなる。





 



DEZERTの関連記事をもっと読む



The THIRTEEN 一体感がハンパない!「LIAR.LIAR.」










The THIRTEEN/LIAR. LIAR.(『LIAR. LIAR』収録)




2015年9月に活動休止したSadieのメンバーである真緒(Vo)と美月(G)の2人により、2016年に結成されたユニット=The Thirteen。5月にフルアルバム『PANDEMIC』をリリースし、圧倒的な存在感を知らしめた。



9月28日には1stシングル「LIAR. LIAR.」がリリースされたばかりだが、シンガロングパートもあるこの曲がイベントで聴けるのを楽しみにしていたい。



今イベントと前後して、The THIRTEENとして初の全国ツアーも進行中。11月18日のファイナル赤坂BLITZまで全国13ヵ所で熱いライブを繰り広げる。





 





 



The THIRTEENの関連記事をもっと読む



己龍「和製ホラー」+骨太サウンドがイベントを盛り上げる!










己龍/空蝉(『朱花艶閃』収録)




「和製ホラー」をコンセプトに、2007年に結成された己龍。今年8月には2度目の日本武道館公演も行なった彼らの楽曲は、そのコンセプトどおりに、おどろおどろしい世界が描かれるものが多い。しかし骨太なサウンドに乗せて歌われるメロディは、切なさや妖艶さも見せる。そんな彼らがこの群雄割拠なイベントを盛り上げるべく演奏してほしい楽曲は、ファンの一体感も圧巻な「空蝉」。



このイベントの後の11月23日には、己龍は15作目のシングル「月下美人」を発売する。







己龍の関連記事をもっと読む



vistlip エッジィなギター・リフが印象的な「Imitation Gold」










vistlip/Imitation Gold(『SENSE』収録)



いよいよ来年2017年に結成10周年を迎えるvistlip。夢と現実を行き来する世界を、時に激しく、時に優しく見せていく彼ら。



本イベントでは、今年3月にリリースされた最新アルバム『SENSE』収録の、エッジィなギター・リフも印象的なファスト・チューン「Imitation Gold」が聴きたいところ。Yuh(G)がHIDEファンであることも公言しているだけに、この日のパフォーマンスにも期待がかかる。



イベント後の11月30日、18作目のシングル「Snowman」をリリースする。






 





 



vistlipの関連記事をもっと読む



Royz 良質なメロディとシャープなサウンド「THE BEGINNING」










Royz/THE BEGINNING(『THE BEGINNING』収録)




2009年に大阪にて結成されたRoyz。これまでに2度の47都道府県ワンマン・ツアーを経験し、まさにライブの場で着実に実力をつけ、知名度も上げて来た。良質なメロディをシャープなサウンドで聴かせ、さらに話術もキレるとあって、イベントでは盛り上がること必至だろう。



そんな彼らの本領発揮ナンバーは、2015年5月にリリースされたシングル曲「THE BEGINNING」だろう。彼らの熱い想いも込められたこの曲で、一緒にアツくなりたい。



11月16日には久々となるシングル「ANTITHESIS」のリリースが決定している。







 



ダウト VJSでもライブバンドの本領発揮!










ダウト/MUSICNIPPON(『MUSIC NIPPON』収録)




2007年に本格始動したダウト。2015年に新ドラマーに直人を迎え今年から自主活動をスタート。幸樹(Vo)がムード歌謡歌手として活動していたり…とジャンルにとらわれない自由さも魅力。



幅広いファン層を獲得した彼らは、国内外問わずイベント出演も多数あるだけに、本イベントでの盛り上がりにも期待がかかる。そんな彼らのライブでやはり聴きたいのは「MUSIC NIPPON」。オーディエンスの一体となった手拍子が高揚感を煽るナンバーだ。



このイベント後には、前作「LAUGH PLAY」から約4ヶ月という早さで、11月16日にニューシングル「卍」を発売する。







 





ダウトの関連記事をもっと読む



VISUAL JAPAN SUMMIT 2016



[2016年10月14日(金)、15(土)、16(日)] 幕張メッセ9-11ホール



10月14日(金)

X JAPAN、LUNA SEA、GLAY、ユナイト、CLØWD、lynch.、Psycho le Cému、LADIES ROOM、GARGOYLE、TOKYO YANKEES、NOCTURNAL BLOODLUST、DaizyStripper、HERO、BY-SEXUAL、かまいたち、Anli Pollicino



10月15日(土)

X JAPAN、GLAY、HYDE × YOSHIKI、hide with Spread Beaver、シド、カメレオ、VALS 、Plastic Tree、A9、R指定、LM.C、DEZERT、ASH DA HERO、FEST VAINQUEUR、摩天楼オペラ、heidi.、The THIRTEEN、defspiral、グリーヴァ、ALDIOUS



10月16日(日)

X JAPAN、LUNA SEA、清春、ゴールデンボンバー、MUCC、Angelo、己龍、vistlip、cali≠gari、Royz、DIAURA、THE SLUT BANKS、ダウト、Versailles、THE MICRO HEAD 4N'S、NoGoD、ゴシップ、ぞんび、Mumiy Troll



X JAPANの関連記事をもっと読む



LUNA SEAの関連記事をもっと読む



GLAYの関連記事をもっと読む



VISUAL JAPAN SUMMIT 2016オフィシャルサイト