10月10日の深夜にオンエアされた『週刊EXILE』に10月15日に幕張海浜公園特別エリアで開催される「DANCE EARTH FESTIVAL’16」を間近に控える新生DANCE EARTH PARTYのメンバー、USA、EXILE TETSUYA、Dream、E-girlsのShizukaが出演した。



当日はゲストにレジェンド的存在であるアメリカのヒップホップグループ、De La SoulやCrystal Kay 、THE RAMPAGEが出演するほかEXILEの世界と佐藤大樹、GENERATIONS from EXILE TRIBEの中務裕太、小森隼の4人によるダンスショーが披露。



3人のトークを盛り上げたのはShizukaでTETSUYAに「コーヒー(自身がプロデュースしたコーヒーをイベントなどで出品)はあるんですか?」と聞くと TETSUYAは「ありますよ。ここで出さないとどこで出すんだ? っていうぐらい温めてきましたから」と即答。



さらにShizukaが「(DANCE EARTH PARTYは)リリースしてる楽曲が少ないじゃないですか? ライブできるんですか?」とUSAとTETSUYAに突っ込むと、フェスのために書き下ろされ、Shizukaが作詞を手がけた「To The World」やEXILE THE SECONDとコラボしたCM楽曲「HEART OF A LION」が披露される可能性大だということが明かされた。



そもそも10年前にUSAの「世界のダンスを踊ってみたい」という夢から始まり、ダンスの旅がプロジェクトへと発展していったDANCE EARTH PARTY。



発信者、USAはフェスティバルについて「音楽とダンスでハッピーな1日を過ごしたい」と笑顔で締めくくった。





E-girlsの関連記事をもっと読む