2016年4月23日(土)に開館したスヌーピーミュージアム(東京・六本木)で、オープン記念展「愛しのピーナッツ。」に続く第2回目の展覧会「もういちど、はじめましてスヌーピー。」がスタートした。期間は2017年4月9日(日)まで。



1000のスヌーピーに会える。第2回目の展覧会「もういちど、はじめましてスヌーピー。」



本展では「世界で最も有名なビーグル犬」として親しまれるスヌーピ—の魅力を、作者のチャールズ M. シュルツ氏がスヌーピーを思いついた誕生秘話から、50年間で「スーパー・ビーグル犬」へと大きな変遷を遂げていく様子を、日本初公開を含む原画と映像で紹介。









70 年代の若者になりきった「ジョー・クール」(「ピーナッツ」原画(部分) 1979 年10 月26 日)



特別な喜びを表す「ハッピーダンス」(「ピーナッツ」原画(部分)1972 年3 月20 日)








また、ショップ「BROWN’S STORE(ブラウンズストア)」のアイテムラインナップや「Cafe Blanket(カフェブランケット)」のメニューも一新。



展覧会や様変わりした館内の様子をレポートする。



館内のあちこちに「PEANUTS」の仲間たち。探しながら展示を楽しもう



展示は、「スヌーピーがたくさん!」、おなじみの「ハッピーダンス」や「フライング・エース」など、選りすぐった原画約80点、日本初公開となるスケッチやアニメーションのセル画など約20点、またヴィンテージグッズ約100点など。



また、AからZまで26種類の「注目スヌーピー」をピックアップして紹介。原画を鑑賞しながらABCをたどって解説を読み、スヌーピーについてより深く知ることができる。



ほかにも、新作のシャンデリアアートと展示映像、前回展でも好評だった覗き穴アートなど、さまざまなアプローチで新しいスヌーピー探しを楽しめる。







ハロウィン期間中(〜2016年10月31日(月))の来場者1人にもれなく1枚、特製のハロウィン・ポストカードがプレゼントされる。絵柄は複数種類あり(選択不可)。


スタッフのファッションにも注目。ユニフォームにハロウィン・アートをあしらったワッペンを身につけているほか、ハロウィン直前や当日には、フェイスペイントや仮装も予定しているとか。



入口付近では、来場者をハロウィンの装飾でお出迎え。



期間限定フォトスポット「ドリーミング・スヌーピー in Halloween」。最初の展示室内に、犬小屋で眠るスヌーピーの新しいフィギュア「ドリーミング・スヌーピー」が登場。室内では、名作アニメ「スヌーピーとかぼちゃ大王」(1966年)の一部も放映される。



見慣れたシルエットが……。


足跡?


展示室で楽しそうに遊ぶ、スヌーピーを発見!



スヌーピーたちが道案内してくれる。




スヌーピーは変装の名人。でも、やっぱり「天職は犬」。












モコモコの柱をよく見てみると……。



シャンデリアアーティスト・キム ソンヘさんによるシャンデリア&ソファ。「SOOO MANY SNOOPY!!!」




トイレの標識も。




































ここだけでしか手に入らないアイテムも! オリジナルグッズ400点



今回の展覧会にあわせた新たなコラボレーションや展示作品との連動など、オリジナルグッズ約400点を展開。遊び心を感じられる、ショップ「BROWN’S STORE(ブラウンズストア)」のディスプレイにも注目を。









ハロウィングッズも。








ポストカードの数も豊富。「もういちど、はじめましてスヌーピー。」展のものも。


A2サイズの作品もあり、額に入れればおしゃれなインテリアに。


展示会図録。


大ヒットの「コップのフチ子」など、個性的でハイクオリティな商品を次々と生み出すトイメーカー「奇譚クラブ」によるガチャガチャ。


カップとプレートを乗せるとちょうど良いサイズのトレー。ランチタイムやカフェタイムに。


コレクターも多いファイヤーキングのマグカップ。ミュージアムロゴデザインと、2 回展限定デザインが登場。


使いやすさと丈夫な素材で人気の、カリフォルニアのバッグブランド 「BAGGU」とのコラボレーション。小さく折りたたんで持ち歩けるエコバッグ「STANDARD BAGGU」の3 色。


「人をしあわせにする和菓子」がコンセプトの京都の和菓子店「UCHU WAGASHI」。職人が彫った木型と国産の和三盆糖で作られた落雁と、食感や口どけが特徴の金平糖をセットに。


金沢の老舗菓子メーカー「北陸製菓」と「D&Department」が立ち上げた「hokka60」。昔ながらの製法で親しまれる優しい味のビスケットとPEANUTSとの、ロングライフのカップリング。


ミュージアム限定クリスタルジュエリー。スワロフスキー®・クリスタルをふんだんにあしらい、高級感 のある輝きで身につけるだけでハッピーになれるアイテム。


スヌーピーミュージアムのロゴをあしらったシンプルなデザインのTシャツ。



スヌーピーミュージアムの制服をディレクションするネクタイ専門ブランド「giraffe」とロゼットを手がける「WHYTROPHY」が製作したネクタイ&ロゼット。素材にこだわり丁寧に仕上げられた、特別仕様のボックスセット。



インテリアやアパレル雑貨を展開するヘミングスのプロデュースするブランド「confiture」。毎日持ち歩きたくなるバッグとポーチが登場。(左から)ショルダー 3,500 円、フラットポーチ 2,200円、スヌーピートート4,700円、刺繍ポーチ2,500円、ペンケース2,000円。





コーヒー器具メーカーの老舗Kalitaとのコラボレーション第二弾。「HASAMI ドリッパー」の新デザインをはじめ、 ホーローのアイテムをラインナップ。ホーローマグ(白・紺) 各2,500円、HASAMI ドリッパー 2,200円。








1987年創業のてぬぐい専門店「かまわぬ」の新ブランド「まめぐい」。


中川政七商店とのコラボ。中にはPEANUTSの名言が入っている。


トランプ 1,200円。BICYCLE社のトランプもオリジナルデザインで登場。


ウェルカムスヌーピーフィギュア 各1,000円。ミュージアムに並ぶ5 体の「ウェルカムスヌーピー」を、コレクション性の高いフィギュアで知られるMEDICOM TOY が商品化。2016年10月29日(土)より販売予定。









































ハロウィン限定も登場。「Cafe Blanket」の新メニュー



テラスが心地良い「Cafe Blanket(カフェブランケット)」でも、展覧会のテーマに合わせた新メニューをスタート。








「フライング・エース−フレンチスタイル−」(1,530 円)。スヌーピー扮する「フライング・エース」がたびたび訪れる、戦地フランスをイメージしたメニュー。クロワッサンのサンドイッチにアンチョビ風味のポテトサラダやキャロットラペを挟んだフランス気分の一皿。


「ハッピーダンス」(900 円)。スヌーピーの大好物チョコチップクッキーを使ったミルクセーキ。ハッピーダンスをイメージしたカラフルなドリンクは、一口飲めば一緒にダンスしたくなるほど。


「ウェルカム・グレート・パンプキン」(1,280 円)。かぼちゃ大王(グレート・パンプキン)がきっと来てくれると信じるライナスの想いが詰まったパンケーキ。ピーナッツバターのかわりにかぼちゃペーストをのせて食べるハロウィンメニュー。※10月31日まで期間限定提供。







「スヌーピーミュージアム」では、2018年9月までの会館期間中、半年ごとに異なるテーマの展覧会を実施する。さらに「ピーナッツ」の作品に縁の深いハロウィン(10月)、クリスマス(11〜12月)、バレンタイン(来年1〜2月)には、期間限定のディスプレイやグッズの販売も予定しているとか。



期間や季節に応じて様変わりするので、何度でも楽しみに行きたい。



  



((c) Peanuts Worldwide LLC)



「スヌーピー」の記事をもっと読む

「スヌーピーミュージアム」の記事をもっと読む



■あわせて読みたい



【最速レポート】『スヌーピーミュージアム』六本木にオープン! 展示、グッズ、カフェメニューを徹底紹介

「スヌーピーミュージアム」2回目の展覧会、10月8日から



■開催情報



「もういちど、はじめましてスヌーピー。」

開催日/2016年10月8日(土)〜2017年4月9日(日)

開催時間/10:00〜20:00※入場は19:30まで

会場名/スヌーピーミュージアム(東京都港区六本木5-6-20)

定休日/2016年12月31日(土)〜2017年1月2日(月)

※グッズは売り切れの場合あり。



公式サイト