株式会社Next Commonsは、ビールによるまちづくりプロジェクト「醸造する町 Brewing Tono」を立ち上げた。岩手・遠野市や、キリンビール株式会社をはじめとしたキリングループなど様々なサポーターとともに、ホップの一大生産地である遠野から新たなビール文化をつくることを目指す。



ホップの里から、町全体を大きな醸造所に



ビールの味の決め手ともいわれる、ホップ。遠野市は半世紀にわたり日本随一のホップ生産地(栽培面積全国1位)として、ビールの魂をつくり続けてきた。



しかし近年は、高齢化と後継者不足により生産者が減少しており、このままでは遠野産ホップの生産ができなくなってしまう状況に。これを打開するため、本プロジェクトではホップ栽培だけでなく、ビールの醸造までを地域の産業として育成し、さらには文化として根付かせていくことにチャレンジする。



 



ビジョンコンセプトは「醸造する町 Brewing Tono」。思い描く夢は、生産者らと地元でとれた食材や遠野産クラフトビールを囲んで乾杯すること。そして、そんな特別な瞬間にビールを愛するさまざまな人々か国内外から集い、思いも寄らないアイデアや大きな夢があふれ出すこと。あたかも町全体が大きな醸造所のようになって、さらなる美味しいビール、新しい文化、確かな経済がぐつぐつと創りだされることだという。



すでに動き始めたプロジェクト



 



具体的なプランとしては、今後5年のあいだに10軒ほどのマイクロブルワリーを立ち上げ、そこで醸造されるビールが地元、日本各地、そして世界を繋ぐような存在になることを目指す。



また、ホップ畑を巡りながらブルワリーでビールを堪能する「ビアツーリズム」の展開、遠野産ホップの世界ブランド化、遠野の農作物を活かしたビールに合うフード開発など、クラフトビールで地域のリソースを繋ぐ。



2016年9月以降には、本プロジェクトの中核を担いながら起業を目指す、ローカルブルワー(ビール醸造家)、そしてホップファーマー(ホップ栽培農家)を新たに採用。同10月から麦酒工房でビール醸造家としてのインターンを開始する袴田大輔さん(28)、太田睦さん(57)は、約1年間にわたる都内での研修期間を経て、来年以降に遠野での醸造を開始するなど、人材育成にも力を注いでいる。



 



なお、2016年10月16日(日)まで開催中の「横浜オクトーバーフェスト2016」への出店など、イベント参加による遠野のビールや農作物を味わえる機会も演出する。



垣根を越えて共に歩むパートナー



 



同プロジェクトでは、新規就農支援、ローカルベンチャー事業による起業家支援など制度・資金面でサポートする行政パートナーとして岩手県遠野市、ホップやビールに合う農作物の栽培技術者を育成するパートナーとして遠野アサヒ農園、そして醸造家の育成や技術支援を行うパートナーとして株式会社麦酒企画が参加するとともに、キリンビール株式会社が各パートナーのサポート全般の支援を担う。地域の豊富な資源と生産者の技術と知恵、企業の知見とネットワークを最大限に活かしながら、行政と民間が協業する今までにない産業支援、地域活性プロジェクトとして推進していくという。全体のコーディネートは、遠野に拠点を置く株式会社Next Commonsが担当する。



スタート時は上記パートナーとともに作り上げるが、今後は本プロジェクトへの関わり方も多様な窓口を設け、クラウドファンディングによる資金調達やファンコミュニティの運営などを通し、特定の組織ではなく、コミュニティによって支援・運営されるような取り組み方を目指している。



「ビール」の記事をもっと読む


【本件に関するお問い合わせ】

株式会社Next Commons



公式サイト