ブルーボトルコーヒージャパン合同会社が、国内5号店目となる「ブルーボトルコーヒー 中目黒カフェ」を2016年10月28日(金)にオープンする。オープンに際し、LA発のプレミアムデニムブランド「CITIZENS of HUMANITY」とのコラーボレーションも決定した。



トレーニング&ワークショップスペースを併設



中目黒カフェは、“コーヒーを楽しむ人を育てる”というテーマ のもと、カフェスペースのほか、トレーニングスペースやカッピングなどのできるワークショップスペースを完備。清澄白河ロースタリ−&カフェにあるロースタリーで焙煎されたコーヒー豆を使用し、一杯ずつ丁寧に淹れるコーヒーを楽しめるほか、この土地そしてスペースをいかし、様々なコラボレーションを通じて生まれる新しい接点や、体験を通じ、コーヒーの新しい楽しみ方を提案していくという。



「CITIZENS of HUMANITY」とは



2003年にデニム界の大御所ジェローム・ダーハン氏がスタートさせたLAのプレミアムデニムブランド。コレクションは、ヴィンテージデニムとオーセンティックなワークウェアへの情熱と知識をベースに、クラシックな要素を残しながらも、時代に合ったフィット、ファブリック、ディテールが特徴。「パーフェクトで万能なフィット」というコンセプトの下、長年の経験から得た卓越した職人技により実現されている。デザインと生産は、全てLAの自社工場で行なわれ、現在年間100万本以上が生産、世界35カ国1300以上のラグジュアリー・リテーラーで販売されている。



今回のコラボは、ブルーボトルコーヒー創業者のジェームス・フリーマンが、「CITIZENS of HUMANITY」の発行するフリーマガジン『HUMANITY MAGAZINE』のインタビューを受けたことをきっかけに意気投合し実現した。



限定グッズや3日間限定の写真展を開催



トートバック



コラボーレション企画として、オリジナルのトートバックが100個限定で発売されるほか、スタッフが「CITIZENS of HUMANITY」のデニムシャツを着用する。



また、オープンから10月30日(日)までの3日間限定で、ワークショップスペースでは、「CITIZENS of HUMANITY」が発行するフリーマガジン『HUMANITY MAGAZINE』の写真展もあり。ブルーボトルコーヒー創業者ジェームス・フリーマン氏のインタビュー記事や写真、Alicia Keys、Quincy Jones、Metallicaなどの最新号に登場する人々や、Yoko Ono、Courtney Love、Anthony Kiedisなどアーカイブ号で紹介した世界で活躍する人々のポートレートが展示される。



さらに、中目黒カフェのオープンと『HUMANITY MAGAZINE』の日本語版の展開を記念し、10月26日(水)17時〜18時には、ジェームス・フリーマン氏と『HUMANITY MAGAZINE』のクリエイティブディレクターである、ジェラード フリードマン氏とのトークイベントが開催される。詳細や申込方法は、後日ブルーボトルコーヒーのインスタグラムで告知される。



「ブルーボトルコーヒー」の記事をもっと読む

もっと1杯が愛おしくなる。「コーヒー特集」


■店舗情報



「ブルーボトルコーヒー 中目黒カフェ」

オープン日/2016年10月28日(金)

営業時間/8:00〜19:00



ブルーボトルコーヒー 公式サイト