南アルプス連峰や八ヶ岳、富士山の雄大なロケーションに抱かれた星野リゾート「リゾナーレ八ヶ岳」が、2017年4月22日(土)にリニューアルオープンする。2017年1月11日(水)より約3カ月間、全館休館をして改装を行う。



八ヶ岳の自然とワインリゾートを表現した客室に





2階レジデンステラスルーム

2階レジデンステラスルーム





2階レジデンステラスルーム

2階レジデンステラスルーム





2階レジデンステラスルーム

2階レジデンステラスルーム






改装のコンセプトは、「ワインリゾートの更なる進化」。総工費15億円、客室やビュッフェ&グリルレストラン「YYgrill」などを改装する。



客室は、ボルドーカラーのカーペットやワインを楽しむテーブルウェア、コルクをモチーフにした小物でワインリゾ―トを表現。赤岳や横岳など日本を代表する山々の名称や、標高が詳細に描かれた八ヶ岳連峰の壁画で、地域性と大自然の圧倒感を感じることができる。さらに、ウッドデッキを用いた屋外テラスでは、大自然の空気や星空をプライベートに満喫できる。



リニューアル客室は2016年10月4日(火)より予約を受付中。



ワインをモチーフにしたデザインへ一新



※内観イメージ

※内観イメージ






※ビュッフェボードイメージ

※ビュッフェボードイメージ





※メインディッシュイメージ

※メインディッシュイメージ






ビュッフェ&グリルレストラン「YYgrill」は、195席から250席へと増席。ワイン木箱を用いた壁や、葡萄が描かれた壁画、葡萄棚をモチーフとした天井と、ワインリゾートにいることを体感できる空間へと変わる。



ワインは、目の前でスタッフがワイン樽からカラフェに直接注ぐ演出とともに提供され、ボトルから注がれるワインの味とは違う味わいを体験できる。オリジナル南部鉄器と、熱した安山岩で調理されたステーキなどの本格的なグリル料理とともに、至福のマリアージュを楽しんでみては。



ワインリゾートの真骨頂“地域ワインの文化体験”



地域の野菜×ワインのマリアージュディナ―

地域の野菜×ワインのマリアージュディナ―




同リゾートは、地域ワインの文化体験ができる滞在型リゾートとして、これまで様々な文化体験を実施してきた。一般公開されていないオーナーのワイナリー「ドメーヌミエ・イケノ」を見学したり、メインダイニング「OTTO SETTE」で季節ごとの旬野菜で構成された料理と、同じ風土で育まれたワインを、一皿毎にペアリングして楽しむコース料理を味わったり、ワイン用葡萄を使ったスパトリートメントでリラックスしたり、葡萄畑やワイナリーを訪ねる「八ヶ岳ワイナリー散歩」をしたり。



ワインボトルでルームランプ作り体験

ワインボトルでルームランプ作り体験




リニューアルオープン後には、滞在中にレストランや部屋で飲んだ、お気に入りのワインボトルを使うルームランプ作り体験がスタート。宿泊者も日帰り利用者も体験でき、料金は12,800円〜(予定)。また、施設内のワインショップやアクティビティ「八ヶ岳ワイナリー散歩」で訪れたワイナリーで購入したワインを施設内のレストランに無料で持ち込めるサービスもスタートする。



今後も、季節ごとの体験のバリエーションを増やし、より多くの人々に、また訪れたいと思ってもらえるような「ワインリゾート」を目指していくという。





リゾナーレ八ヶ岳
リゾナーレ八ヶ岳
リゾナーレ八ヶ岳
リゾナーレ八ヶ岳
リゾナーレ八ヶ岳
リゾナーレ八ヶ岳
リゾナーレ八ヶ岳










「星野リゾート」の記事をもっと読む

「ワイン」の記事をもっと読む



【本件に関するお問い合わせ】



リゾナーレ八ヶ岳

電話:0570-073-055

公式サイト