人気パンクバンド、Hi-STANDARDが先日、約16年ぶりとなる新作「ANOTHER STARTING LINE」をリリースした。告知なし、通販なし、配信なし(3週間後に開始予定)で、店頭にいきなり新譜が並ぶという“ゲリラ発売”だったが、SNSや口コミで一気に広がり、レジには行列ができ、完売する店舗も続出した。



新作リリースの翌日には、約17年ぶりとなるツアー開催とカバー曲で構成されたシングルを発売することも発表。12月23日には4年ぶりのイベント「AIR JAM 2016」開催も決まっており、ここにきて再び動きが活発に。



今回のゲリラ発売では「ハイスタ?」「知らない」という世代もCDを購入しているようだが、これを機に「いま聴くべきハイスタの10曲」を紹介したい。(文:嶋中貴史)



 





 



ハイスタと言えば…










STAY GOLD(『MAKING THE ROAD』収録)




ハイスタと言えばこの曲と言っても過言ではないほどの代表曲。



ライブでは、後ろで静かに観ていた人たちもモッシュピットに飛び込んでいくことが多い。「いつまでも輝き続けろ」というメッセージ、覚えやすいサビ。中には涙するファンもいる。





 





 



あの大人気アニメ曲のカバー










MY FIRST KISS(『Love Is A Battlefield』)




アニメ「キテレツ大百科」のエンディング曲として有名な「はじめてのチュウ」(あんしんパパ)をカバー。誰もが知っている曲だけに高い人気を誇る。このカバーをきっかけにハイスタを知ったという人も多いだろう。







 



ハイスタ初期の名曲










GROWING UP(『GROWING UP』収録)




1stフルアルバム『Growing Up』の表題曲。



NOFX、Lagwagonといったアメリカの人気バンドが所属するレーベル「FAT WRECK CHORDS」からもリリースされ、海外進出を果たした。町を出て一人で挑戦するといったニュアンスの曲だけに、進学や就職で上京する若者にはぜひ聴いてもらいたい。





Fat Mikeもお気に入り










WAIT FOR THE SUN(『GROWING UP』)




『GROWING UP』に収録されているポップな1曲。明るいメロディと勇気づけられる歌詞に元気をもらったファンも多いのでは? 



また、アルバムをプロデュースしたFat Mike(NOFX)のお気に入り曲で、AIR JAM 2011など共演した際には、ステージに乱入して熱唱していた。





難波章浩と横山健のハモリが絶妙な甘いラブソング










CLOSE TO ME(『ANGRY FIST』)




他にも多くのラブソングがあるが、「いつでもお前の事を考えている」「お前がオレのそばにいてくれたらなぁって思うんだ」という甘い歌詞に、個人的には一番ストレートに愛を伝えている曲だと感じる。



難波章浩(Ba&Vo)と横山健(Gt&Cho)のハモリが絶妙で、コーラスも美しい。





大切な友へ捧げる1曲










DEAR MY FRIEND(『MAKING THE ROAD』)




MAKING THE ROAD』の5曲目。タイトル通り大切な友に贈る曲で、東日本大震災後のライブでは難波が「天国にも仲間がたくさんいる」「届けよう!」と呼びかけるのが印象的だ。この曲が一番好きというファンも多い。





星に願いを…










STARRY NIGHT(『MAKING THE ROAD』)




「星に願いを」で始まるこの曲は、「泣ける」と口にするファンも。



悩んだり、躓いたり、行き詰ったり……落ち込んだときにはぜひ対訳を読みながら聴いてほしい。「これからもっと人生を楽しみたいな」「これからもっと自分を好きになりたいな」という歌詞が、元気と勇気を与えてくれる。





巨大サークルが大量発生










MOSH UNDER THE RAINBOW(『MAKING THE ROAD』収録)



決して激しくなく、ポップでキャッチーなメロディー。ライブではアリーナ全体でいくつもの大きなサークルモッシュが発生し、全員が笑顔で肩を組んで左回りするという圧巻の光景が広がる。パンクは苦手という人も聞きやすいナンバーだ。






勇気を与えてくれるナンバー










FIGHTING FISTS,ANGRY SOUL(『ANGRY FIST』)




楽な道を選んで生きていくのもいいけど、“戦う拳”を失うな!というメッセージが込められた1曲。悩みを抱えるすべての人に「行け!」「戦え!」と背中を押し、勇気を与えてくれる。





知る人ぞ知る名曲










Asian Pride(『Short Music For Short People』)




Bad Religion、Rancid、The Offspring、Green Dayらも参加しているショートチューンばかりを集めたオムニバスにのみ収録されている知る人ぞ知る名曲。



2015年に日本で行われたFAT WRECK CHORDSの25周年イベントに出演し、“アジア代表”としてこの曲を披露した。





 



「Hi-STANDARD」の関連記事をもっと読む