メジャーデビュー10周年を迎える秦 基博がアニバーサリーイヤーにふさわしい両A面シングル『70億のピース / 終わりのない空』をリリースする。



秦 基博が音楽シーンに登場したのは『シンクロ』でデビューした2006年。当時、ハイクオリティなソングライティングのスキルと天性の歌声が鮮烈な印象を残したことをいまでも覚えている。あれから10年。どんなときにも自分自身と深く向き合いながら、一切妥協することなく普遍的なポップミュージックを追い求めてきた秦 基博にしか作ることのできない楽曲が完成した。



メロディと歌詞というシンガーソングライターとしていちばん大切なものを軸に置き、テーマとしたのは“平和”と“生きること”。

いまだからこそ歌える大きなテーマに臨んだ秦 基博はこれからどこへ向かうのか。その問いに、彼はとても真摯な言葉で答えてくれた。(インタビュー&文:秦理絵)


1曲作って、1曲ライブで歌って、を繰り返していたら、10年経っていた



―間もなくデビュー10周年を迎えますね。



秦:そうなんです。ありがとうございます。



―振り返ると10年、コンスタントに作品をリリースをして、ライブの規模を広げてっていう意味では順風満帆に歩いてきたようにも見えますが、どんなふうに感じてますか?



秦:うーん……順風満帆かはわからないですけど、自分のやってきたことがすごくスムーズだったかと言われると、やっぱりそうじゃないこともあったと思います。1曲作って、1曲ライブで歌って、を繰り返していたら、10年経っていたっていう感じですね。



―秦さんが「スムーズにいかない」って感じたのは、曲ができないときですか?



秦:それが大きいですけど。なんで曲ができないのかって言うと、自分が何をすべきか見えてないときなんです。そういう意味ではセカンドアルバム(『ALRIGHT』)を作るときはしんどかったですね。ファーストアルバム(『コントラスト』)は初期衝動でぶつかっていけたけど、デビューしてプロになってから初めてのアルバムだったので。自分が何を歌っていくのかっていう試行錯誤があったんです。あとはデビューすると曲を書くだけじゃないですからね。それに対しての自分とか。いろんなことがそれまでとは違って、そのなかで自分の表現を追求するのが難しかったんですよ。あの時期は苦しかったですね。



―その時期はどういうふうに乗り越えたんですか?



秦:それもアルバムを作ってですよね。その過程だったり、作り終えたところで、自分のなかで決着をつけられたんです。それで3枚目のアルバム(『Documentary』)は、じっくり時間をかけて、自分にしかできない音楽は何なのかっていうことを追求し出すようになるんです。セカンドからサードっていうは大きな転換だったと思います。



―たしかに作品を聴いても、セカンドからサードになると、誰のために歌うのか、何のために歌うかが変わってるのはわかる気がします。



秦:セカンドアルバムのときは「みんなは何を思ってるのかな?」っていうほうに普遍性を求めてた気がするんです。外側に対して答えを求めていた。それはすごくあやふやなことだし、自分の想像でしかないんです。自分のなかにあるもののほうが明確にしやすいんですよ。だから、“自分”を歌うしかないなと思ったんです。それはその時代に生きているひとりの人間のことを歌うってことだから、掘り下げていけば時代を歌うことになるし、普遍的とも言えるなと。そういう考えに至ったのが『Documentary』だったんです。そこから根本的な考えは変わらずにいまもやってますね。



―『Documentary』と言うと、2010年の作品だから……。



秦:5年ぐらいかかりましたね。そこに至るまでが大変だった気がしますけど……いや、そこからの5年も大変でしたけど(笑)。でも、振り返ればあっと言う間でした。



―そんな10周年にリリースされる『70億のピース / 終わりのない空』です。まず、「70億のピース」は、“世界のなかで生きる君と僕”が、とても繊細に描かれてます。



秦:いままで作ってきた曲の積み重ねのなかで、こういう表現に辿り着いたのかなと思いますね。自分のなかで“平和”っていう、すごく大きなテーマを掲げてるんですけど、そこにどうやって自分の言葉で、自分の世界で辿り着くかっていうのが「70億のピース」のテーマだったんです。ゴールに“平和”っていうものがあるとしたら、その入り口はどこにあるのかな?って考えたときに、“遮断機の向こう側”の景色が浮かんできたんです。



―遮断機の向こう側に平和が見えた、ということ?



秦:踏切が待ってる間の時間って、一瞬のことだと思うんですよ。そういう何気ない情景のなかにいっぱい隠れてるものがあると思うんです。いろんな感情がめぐっては消えていって、すぐに忘れてしまうけど、本当はすごく大切なことが一瞬過ぎったりする。そういう場面が浮かんだんです。



―ミュージシャンが“平和を歌う”なんて言うと、ともすると壮大なものを想像しがちだけど、この曲は決して押し付けがましくはないんですよね。



秦:いわゆる大仰なメッセージソングは、自分の表現とはちょっと違う気がしたんです。サウンド感もすごくミニマムで、音も少ないし、本当に最小限の音しか入ってない。それで大きいことを表現してるから、音も歌詞も同じ方向に向かってたんだと思います。



―サウンドが、メロディと歌詞っていうシンプルな部分に研ぎ済まれていくのは、やはり前作アルバム『青の光景』からの流れを汲んだ部分もあるんですか?



秦:あのときよりも、よりソリッドにしましたね。エレキ(ギター)も入ってないですし。ウォーリッツアーとハモンド(オルガン)とドラムの音色にはこだわりましたけど。今回こういうふうにしようと思ったのは、「70億のピース」が言葉と歌の曲だなと思ったからなんです。そこに対するスペースをできるだけ空けておきたい。プレイボタンを押したら、とにかく言葉が入ってくる曲にしたかった。だから楽器のありようはなるべく最小限に、でもそれぞれが歌ってるような配置にしたいなっていうのはありますね。





映画『聖の青春』題歌「終わりのない空」で描いたもの



―一方、バンドサウンドで聴かせる2曲目の「終わりのない空」は、映画『聖の青春』の主題歌です。この曲は生きることと向き合う命の歌だな、と思いました。



秦:これは完全に完成した映画を見て書き下ろしたんです。エンドロールを見て、どんな音が流れてたらいいのかなっていうところで、曲とアレンジを先に作りましたね。



―そのときにこの疾走感のあるロックナンバーが浮かんだんですか?



秦:勝負の世界(将棋)が描かれてたっていうのもあったと思うんですけど、村山聖(映画の主人公であり、実在した棋士)っていう人の生き様が、本当に張りつめた糸みたいというか、ヒリヒリしてて、すごく緊張感があったんです。それがエイトビートのサウンド感とかアコギの刻み、ストリングスのエッジ、そういうのに繋がったんです。で、歌詞は原作も読ませてもらって、村山聖さんの生き様の何にいちばん響いたのかを探っていきました。



―原作を読んで、秦さんはどの部分がいちばん響きましたか?



秦:村山聖さんは病気を抱えながら、死をすごく近くに感じながら生きてらしたと思うので、瞬間にかける想いって言うんですかね。そのとき、そのときに120%命を燃やしてるんです。なかなかできることじゃないけど、本当は自分もそうじゃなきゃいけないんだなと思ったんですよ。瞬間の積み重ねで生きてるし。そこに村山聖さんと自分が根っこで繋がってる部分を見つけたので、それを自分の言葉として歌詞にしていきました。



―サウンドから歌詞まで全部が村山聖さんの生き様から影響を受けた曲なんですね。



秦:村山聖っていう人のことがわかる手記にがあるんですけど、それに「人間は悲しみ、苦しむために生まれた」っていう言葉があるんです。悲しみも、苦しみも生きてるからこその感じられることで、それが人間の喜びなんだ、だから自分は生まれ変わっても、人間に生まれたいっていうことが書いてあるんですけど。村山聖さんの生きるっていうことに対するこういう想いは、曲に入れてほしいって監督にも言われたんですね。2番のサビの《生きるほど 僕ら 悲しみを重ねる》っていうフレーズは、そうやってディスカッションを重ねて書き直したりもしたんです。だから本当にコラボをした意味がある作品だと思いますね。



シンガーソングライターにとっては、そのときにしかないものを閉じ込めていく



―「70億のピース」で平和を歌って、「終わりのない空」で生きることを歌う。どちらも10年歌い続けたからこそのテーマだと思いますけど、作り終えてどう感じましたか?



秦:「70億のピース」も「終わりのない空」も、自分の最大値をどうやって届けるかっていうことしか考えてないんです。いま歌えること、作れるものを作るっていうことですよね。10年経ってみて思うんですけど、デビューの頃の曲はいまは書けないんですよ。自分でもなんでそういう曲ができたかわからない曲もいっぱいあるんです。あの頃に見えてたもの、考え方、衝動的なものとかも含めて、あのときにしかなかったから。逆にいまは10年前は考えられなかった曲がいっぱい書けるようになってるんです。それって、なんだろうな……自分は良いことだと思うんです。10年前も歌えた歌をまた作ってもしょうがないから。だからこそ昔の曲も尊くなるし、いまの曲もまた10年後に尊くなればいいなと思ってる。シンガーソングライターにとっては、そのときにしかないものを閉じ込めていく、それしかないのかなと思うんです。それを必死でやってる感じですね。



―「昔の曲が尊くなる」って素敵です。



秦:本当によく作れたなと思いますからね(笑)。



―かなり濃い話が続きましたけど、シングルの3曲目には新たにクリスマっぽいアレンジになった「聖なる夜の贈り物」も収録されてますね。



秦:クリスマスの曲はクリスマス以外はシーズン外れだということに気づいて……。



―えっ! 作ったあとに気づいたんですか?



秦:ツアーをまわって気づきました(笑)。ツアーでやるのは季節外れ過ぎないかと思ってたんです。じゃあ、もう1回季節がきたら活かしてあげようかなと思って入れました。よりクリスマス感を強調しようっていうのがあって、アレンジは皆川さんにお願いをしたんです。コーラスワークとか鈴とかも入れて。レコーディングではみんなでいろんなものを叩いたり、シンバルを自分がやったり、半分遊びながらやってましたね。



―ちょっと早いクリスマスプレゼントですね。



秦:10月リリースなのでハロウィンからフェードインしていけるかなと(笑)。



―11月から開催するアリーナツアーで演奏するには良いタイミングですし。



秦:やるかどうかわからないですけど。



―そこはやりましょうよ(笑)。



秦:12月23日がツアーファイナルなので……ま、おそらくやるでしょうね(笑)。



―今回は10周年ということで、自身初のアリーナツアーです。



秦:(大阪)城ホールは5年前にもやってるんですけど、広かったですね。横浜アリーナも他の地域もワンマンは初めてなので。今回は『青の光景』のツアーメンバー(皆川真人(Key)、鈴木正人(Ba)、あらきゆうこ(Dr)、弓木英梨乃(Gt))プラス、ストリングスのメンバーを入れて、豪華な感じでやりたいと思ってます。アリーナ規模だからできることもあると思うので、ダイナミクスをもってライブを作れたらなと思ってます。



秦 基博の関連記事をもっと読む



秦 基博 リリース情報




 

初回盤




 

通常盤







70億のピース / 終わりのない空



2016年10月19日発売



初回生産限定盤A (CD+BD):¥6,000 (税抜) / AUCL207〜208

初回生産限定盤B (CD+DVD):¥5,000 (税抜) / AUCL209〜210

通常盤 (CD):¥1,204 (税抜) /AUCL 211




CD収録曲(全形態共通) M1「70億のピース」 (テレビ朝日系「土曜ワイド劇場」主題歌) M2「終わりのない空」 (映画『聖の青春』主題歌) M3「聖なる夜の贈り物 (2016 ver.)」 M4「70億のピース (backing track)」 M5「終わりのない空 (backing track)」

初回生産限定盤A/B 収録内容 「HATA MOTOHIRO CONCERT TOUR 2016 −青の光景―」ライブ映像全曲収録 ※2016年6月3日(金) 東京国際フォーラム・ホールAより




HATA MOTOHIRO 10 th Anniversary アリーナツアー



11月1日(火) 横浜アリーナ

11月4日(金)、5日(土) 大阪城ホール

11月15日(火) 名古屋日本ガイシホール

11月19日(土) 宮城セキスイハイムアリーナ

11月27日(日) 北海きたえーる

12月23日(祝・金) マリンメッセ福岡



秦 基博オフィシャルサイト