現在公開中のアニメ映画『ひるね姫』。岡山県倉敷に暮らす平凡な女子高生・森川ココネは、寝ることが大好きで、いつも居眠りばかり。そんな彼女は最近、不思議な夢を見るようになる。



'20年、東京五輪の3日前。突然、警察に逮捕された父親を追って、ココネは幼なじみのモリオとともに東京へ。次々に浮かび上がる謎を解く手がかりは、実はココネが見る夢にあった。



唯一の特技「昼寝」を武器に、ココネは夢と現実をまたぐ不思議な旅に出る! そして、大きな冒険の末にココネが出会うことになる“知らないワタシ”とは?



『攻殻機動隊Stand Alone Complex』『東のエデン』などで知られる神山健治氏が監督を務めたこのアニメ映画が、小説でも読めることに。神山監督自らの手による小説化だ。アニメにはアニメの良さが、活字には活字の良さがある。それぞれに違った楽しみ方をしてほしい。



(文:松本理惠子)