男女3人の愛憎劇に、誤報を巡るサスペンスなど、刺激的なアジア作品を堪能!



歌を巡って交錯する男女3人の運命『愛を歌う花』


『ビューティー・インサイド』のハン・ヒョジュ主演作。日本統治下にある'43年の朝鮮。伝統歌の歌い手である“妓生”の養成学校に通うソユル(ヒョジュ)とヨニ(ウヒ)は、幼い頃からトップ歌手を夢見る親友同士。だが、ソユルの恋人で人気作曲家のユヌ(ヨンソク)が新曲の歌い手にヨニを選んだことから、ソユルに激しい嫉妬が生まれる。歌と愛に執着する男女3人の濃密なドラマにクギ付け。



『愛を歌う花』



ハン・ヒョジュとチョン・ウヒが情感のこもった歌声を披露

朝鮮に伝わる「正歌(ジョンガ)」の名手であるソユル役のヒョジュは、4ヵ月間の猛特訓に励み正歌の歌唱法を習得。ウヒは、大衆向けの流行歌の歌い手として見いだされたヨニの葛藤と喜びを、当時の流行歌に乗せて歌い上げた。




『愛を歌う花』








『愛を歌う花』



4.5 RENTAL

'16年・韓国

監督/パク・フンシク

出演/ハン・ヒョジュ、ユ・ヨンソク、チョン・ウヒ、パク・ソンウン




⇒作品詳細・レビューはこちら






(C)2016 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.



一つの誤報が生み出した連続殺人事件の行方『造られた殺人』



『造られた殺人』



存在しない連続殺人事件を誤って報じてしまった記者と、続報を出して世間の注目を浴びようとする上司、真実を追う刑事ら3者の思惑や対立をブラックユーモアを交えて描く。主演は『建築学概論』のチョ・ジョンソク。




『造られた殺人』








『造られた殺人』



4.5 RENTAL

'15年・韓国

監督/ノ・ドク

出演/チョ・ジョンソク、イ・ミスク、キム・デミョン、ペ・ソンウ




⇒作品詳細・レビューはこちら






(C)2015 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.



殺人の快楽に目覚めた男の底なしの狂気『殺人の才能』



『殺人の才能』



『プンサンケ』のチョン・ジェホン監督が手がけたサスペンス。再会したかつて上司に見下され、怒りのあまり殺害に及んだ無職の男が、殺しの快楽に目覚めていく。終盤、過激さを増すバイオンス描写に戦慄を覚える。




『殺人の才能』








『殺人の才能』



4.4 RENTAL

'14年・韓国

監督・撮影/チョン・ジェホン

出演/キム・ボムジュン、ペ・ジョンファ、チョン・キュウォン




⇒作品詳細・レビューはこちら






(C)2014 JUHN JAIHONG FILM. All Rights Reserved.



(文:前田かおり)