前節はバイエルンとヘルタ・ベルリンが開幕3連勝を飾り、ドルトムントが勝利を取り戻している。宇佐美と武藤の日本人対決は実現せず、途中出場の武藤が今季2ゴール目を挙げて今季初勝利に貢献した。そして大迫が今季初アシストを記録している。火曜と水曜に行われる第4節では火曜にヴォルフスブルクvsドルトムント、水曜にバイエルンvsヘルタの開幕3連勝対決が行われる。

リーグ戦に専念しているヴォルフスブルクだが、前節はホッフェンハイムにゴールレスドローに終わり、1勝2分けと微妙なスタートとなっている。ここ2試合フル出場しているゴメスにそろそろ移籍後初ゴールが欲しいところ。古巣との対戦となるブワシュチコフスキが右サイドハーフで先発予想となっているが、対面する左サイドバックには中盤で存在感を大いに発揮しているラファエウ・ゲレイロが予想されている中、トゥヘル監督に自身を構想外にした鬱憤を晴らせるか。

一方、オーバメヤンやゲッツェ、バルトラといった一部主力を温存した中、チャンピオンズリーグのレギア・ワルシャワ戦に続いて6発圧勝したドルトムントは、休養を与えられていた主力が先発予想となっている。CL出場権争いに絡むことが濃厚な相手に対し、勝利をもぎ取れるか。ベンチスタート予想と厳しい状況が続く香川としては与えられた時間の中で結果を出すことが求められる。

ミュラーやフンメルスを温存した中、前節インゴルシュタット戦を不安定ながらも終わってみれば3-1と勝利して開幕3連勝を飾ったバイエルン。同じく開幕3連勝のヘルタ戦では両選手共に先発予想と、ベストメンバーで臨むことが見込まれる。守備を固めてくることが濃厚な相手に対し、3戦で5発の得点源レヴァンドフスキの活躍に期待が懸かる。

一方、原口の活躍もあって開幕3連勝とクラブ史上初の好スタートを切ったヘルタは、持ち前の堅守でバイエルンを封じたい。左サイドで先発予想の原口は対面する右サイドバックがラーム、右サイドハーフがミュラーと相手に不足がない中、これまで通りの存在感を示せるか。

今季2ゴール目を挙げたマインツの武藤は、ブレーメンとのアウェイ戦に臨む。ライバルのコルドバもゴールを挙げているが、今節は左ウイングで先発予想となっている。対面するのは右サイドバックのチェコ代表DFゲブレ=セラシエとなるが、攻撃の起点となる働きやゴールを決めることはできるか。チームとしては3連敗でスクリプニク監督を解任したブレーメンを確実に撃破したい。

2試合連続スタメンで今季初アシストを記録したケルンの大迫は、シャルケとのアウェイ戦に臨む。2勝1分けと好スタートを切った中、シャルケ戦も大迫はスタメン予想となっている。昨季はホームでブーイングを浴びる不本意なシーズンに終わった大迫だが、新シーズンは真価を発揮できている。開幕3連敗スタートと最悪な出だしとなっているヴァインツィアル体制のシャルケを自身の活躍によって下せるか。

その他、開幕3試合連続フル出場のフランクフルト長谷部はインゴルシュタット戦を、同じく3試合連続フル出場のハンブルガーSV酒井高はフライブルク戦を戦う。

◆ブンデスリーガ第4節
9/20(火)
《27:00》
ヴォルフスブルク vs ドルトムント
インゴルシュタット vs フランクフルト
フライブルク vs ハンブルガーSV
ダルムシュタット vs ホッフェンハイム

9/21(水)
《27:00》
ブレーメン vs マインツ
レバークーゼン vs アウグスブルク
シャルケ vs ケルン
ライプツィヒ vs ボルシアMG
バイエルン vs ヘルタ・ベルリン