チェルシーに所属する元イングランド代表DFジョン・テリーは、24日に行われるプレミアリーグ第6節のアーセナル戦で復帰する可能性があるようだ。イギリス『ガーディアン』が報じた。

11日に行われたプレミアリーグ第4節のスウォンジー戦で足のじん帯を負傷したテリーは、10日間の負傷離脱中。しかし、チームは第5節のリバプール戦で今夏にパリ・サンジェルマンから復帰したブラジル代表DFダビド・ルイスを代役起用するも、今シーズン初黒星を喫していた。

報道によれば、チェルシーのアントニオ・コンテ監督は20日に行われるEFLカップ3回戦のレスター・シティ戦に向けた前日会見で、「ジョンはリカバリーしている。試合後、フィジカルコンディションをチェックする」と述べたという。