イングランド代表DFフィル・ジョーンズ(24)にマンチェスター・ユナイテッド退団の可能性が浮上した。イギリス『サン』が報じた。

近年、度重なる故障に苦しみ続けているフィル・ジョーンズは14日、ヒザのじん帯損傷で1カ月の離脱がクラブによって発表された。一向に復帰のメドが立たず、監督からしても戦力としての計算を立てにくい状況だ。

報道によれば、ジョゼ・モウリーニョ監督は週給11万ポンド(約1460万円)を受給しているフィル・ジョーンズを来年1月に売却することで、新たなディフェンダー獲得の獲得資金に工面したい意向を示しているという。

なお、そのフィル・ジョーンズには、アーセナルやリバプールが関心を示している模様。『サン』は、「ジョゼはジョーンズを見切った。彼らは、彼との関係に終止符を打った」とのユナイテッド内部の者とするコメントを添えている。