日本代表DF酒井高徳が所属するハンブルガーSVは20日、ブンデスリーガ第4節でフライブルクとのアウェイゲームに臨み、0-1の敗戦を喫した。酒井は右サイドバックとしてフル出場を果たしている。

ここまで1分け2敗と未だ勝利がない16位のハンブルガーSVが、1勝2敗の12位・フライブルクと対戦した。試合は拮抗した展開の中、終盤まで進むと70分にペテルゼンのゴールでフライブルクが先制する。

追いかける展開となったハンブルガーSVだったが、ゴールを奪えないまま試合終了を迎え完封負けを喫している。ハンブルガーSVはこれでリーグ戦3連敗となった。