パラグアイサッカー協会(APF)は20日、10月に行われるロシア・ワールドカップ南米予選に向けたパラグアイ代表メンバーの海外組19名を発表した。

フランシスコ・“チキ”・アルセ監督が4年ぶりに復帰した新生パラグアイ代表は、FWデルリス・ゴンサレス(ディナモ・キエフ)やFWダリオ・レスカノ(インゴルシュタット)らを招集している。また、9月には招集外だったFWルーカス・バリオス(パルメイラス)やMFエルナン・ペレス(エスパニョール)が招集されている。

8試合を終え予選6位のパラグアイは、10月6日にコロンビア代表(4位)とホームで、同11日にはアウェイでアルゼンチン代表(3位)と対戦する。今回発表されたパラグアイ代表海外組メンバーは以下のとおり。

◆パラグアイ代表メンバー19名(海外組)
GK
フスト・ビジャール(コロコロ/チリ)

DF
パウロ・ダ・シルバ(トルーカ/メキシコ)
パブロ・アギラール(クラブ・アメリカ/メキシコ)
ブルーノ・バルデス(クラブ・アメリカ/メキシコ)
グスタボ・ゴメス(ミラン/イタリア)
フアン・パティーニョ(チアパス/メキシコ)
ホルヘ・モレイラ(リーベル・プレート/アルゼンチン)

MF
ビクトル・アジャラ(アル・ナスル/サウジアラビア)
オスカル・ロメロ(ラシン・クラブ/アルゼンチン)
ミゲル・アルミロン(ラヌース/アルゼンチン)
セルソ・オルティス(モンテレイ/メキシコ)
エルナン・ペレス(エスパニョール/スペイン)

FW
フェデリコ・サンタンデール(コペンハーゲン/デンマーク)
ダリオ・レスカノ(インゴルシュタット/ドイツ)
ホルヘ・ベニテス(クルス・アスル/メキシコ)
アンヘル・ロメロ(コリンチャンス/ブラジル)
デルリス・ゴンサレス(ディナモ・キエフ/ウクライナ)
エドガル・ベニテス(ケレタロ/メキシコ)
ルーカス・バリオス(パルメイラス/ブラジル)