ドルトムントは21日、スペイン代表DFマルク・バルトラが内転筋の肉離れと診断されたとクラブの公式サイトで発表した。

バルトラは、20日に行われたブンデスリーガ第4節のヴォルフスブルク戦(5-1でドルトムントが勝利)に先発。しかし、12分に交代を余儀なくされていた。

バルトラに関して全治などの詳細については明らかにされていないが、ドイツ『ビルト』によれば、23日のフライブルク戦、27日のレアル・マドリー戦を欠場する見通しのようだ。

バルトラは今夏にバルセロナからドルトムント入り。今シーズンのここまで、17日に行われたブンデスリーガ第3節のダルムシュタット戦を除いて全試合に出場していた。