バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、21日に行われたリーガエスパニョーラ第5節のアトレティコ・マドリー戦を振り返っている。クラブ公式サイトが伝えた。

カンプ・ノウにアトレティコを迎えたバルセロナは、41分にクロアチア代表MFイバン・ラキティッチのゴールで先制して試合を折り返す。しかし、59分にエースのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが負傷交代を余儀なくされると、直後の61分に失点を喫しホームで1-1のドローとなった。

スアレスは勝つことができた試合だったとの印象を口にし、ドローに不満を示した。一方でシーズンはまだ始まったばかりだとして前を向いている。

「勝つことができたという感覚が残っているよ。ただ、アトレティコとの試合はいつだって難しいものだ。今日はレオの負傷も痛かった。彼はこのチームで重要な存在なんだ」

「ホームで引き分けることは良くないね。でもまだ5節が終わったばかりで、シーズンはこれから進んでいく。さらに今日は首位との勝ち点差を縮めることができた。そういう意味では良かったと言えるよ」