レアル・マドリーのブラジル代表DFマルセロが、21日に行われたリーガエスパニョーラ第5節のビジャレアル戦で負傷した。スペイン『マルカ』が報じた。

リーガエスパニョーラ記録となる18連勝を目指していたマドリーだったが、44分にPKから失点を喫する。後半開始早々にスペイン代表DFセルヒオ・ラモスのゴールで同点とした。しかし勝ち越しゴールは奪えずに1-1のドローに終わっている。

この試合に先発出場したマルセロは、前半終了間際に負傷。スペイン代表DFダニ・カルバハルと交代でベンチへと下がった。『マルカ』は筋肉系の負傷であると報じており、離脱期間などの詳細については触れていない。

マルセロが長期離脱となった場合には、カルバハルのほかにポルトガル代表DFファビオ・コエントラン、スペイン代表DFナチョらが起用されるだろうとしている。