22日、第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会の3回戦が行われた。アルビレックス新潟(J1)と、レノファ山口FC(J2)の一戦は、1-0で新潟が勝利。4回戦進出を果たした。

J1とJ2のクラブが激突した試合は、ゴールレスで後半に突入。迎えた後半も持ち前のアクションサッカーで新潟を相手にボールの主導権を握った山口だが、なかなかゴールネットを揺らすことができない。

対する新潟は、カウンターで応戦。シュート本数こそ相手を上回るものの、こちらも最後の精度を欠き、ゴールが遠い。そのため、試合は長い時間にわたってこう着状態となり、停滞感の漂う展開となる。

そんな中、77分に新潟が途中出場の山崎、ラファエル・シルバの2人で均衡を破る。敵陣の高い位置でラファエル・シルバが相手DF陣を引き付け、中央のスペースにボールを供給。これをフリーで受けた山崎が相手GKの一対一を冷静に制した。

先制した新潟は、その後の山口の反撃を受ける展開となるが、最後まで1点のリードを守り抜き、1-0で勝利。J1クラブの意地を見せつける形で2010年以来のベスト16進出を果たした。

◆天皇杯3回戦
9/22(木)
《13:00》
グルージャ盛岡 1-2 Honda FC

《14:00》
アルビレックス新潟 1-0 レノファ山口

《15:00》
鹿島アントラーズ vs ファジアーノ岡山
ヴィッセル神戸 vs モンテディオ山形
大分トリニータ vs 清水エスパルス

《16:00》
大宮アルディージャ vs ジュビロ磐田
横浜F・マリノス vs 東京ヴェルディ

《18:00》
川崎フロンターレ vs ジェフユナイテッド千葉

《19:00》
サガン鳥栖 vs セレッソ大阪
柏レイソル vs 愛媛FC
湘南ベルマーレ vs 徳島ヴォルティス
長野パルセイロ vs 横浜FC