シャフタールは22日、ウクライナ代表DFボグダン・ブトコ(25)と新たに2021年までの契約延長で合意に達したことを発表した。

シャフタールの下部組織で育ったブトコは、2008年にトップチームに昇格。その後、シャフタールのBチームやウクライナ国内の複数クラブにレンタル移籍していた。昨シーズンは、ロシアプレミアリーグに所属するアムカル・ペルミにレンタル移籍で加入するとリーグ戦26試合に出場した。

また各年代のウクライナ代表に選出されてきたブトコは、2011年にトップ代表デビューしており、ここまで19キャップを記録している。