21日に行われたEFLカップ3回戦でマンチェスター・ユナイテッドと対戦したノーサンプトンのDFガブリエル・ザクアニが、ユナイテッドの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチについて語った。イギリス『デイリー・メール』が報じている。

EFLカップ3回戦で対戦した両チーム。試合は3-1でユナイテッドが勝利した。この試合でベンチスタートとなったイブラヒモビッチは、55分からMFメンフィス・デパイに代わって出場。ゴールこそ奪わなかったが勝利に貢献した。

イブラヒモビッチと対峙したザクアニが、ピッチ上での振る舞いについて試合後にコメント。多くのことを話しているとしながらも、喋り方が「ターミネーターみたい」と明かした。

「彼はピッチ上で多くのことを喋っているんだ。でも、ターミネーターみたいに喋るんだよ。スローモーションみたいにね」

「彼はチームに大きな影響を与えていると思う。急ぎがちな何人かの選手に話しているんだ。ボールを扱うときに落ち着け、リラックスしろってね。彼はクラブの全ての人をリスペクトしているよ」