前節のプレミアリーグ、チェルシーvsリバプールはアウェイのリバプールが1-2で勝利した。また、マンチェスター・シティはボーンマスを4-0で下し、唯一の5連勝を達成。一方、ユナイテッドはワトフォードに敗れ、リーグ2連敗となった。迎える今節、そのユナイテッドは、王者レスターとのホーム戦。そして、土曜日の日本時間25:30からはアーセナルvsチェルシーのビッグロンドン・ダービーが開催される。

アーセナルは前節、ハル・シティとのアウェイ戦で4-1の快勝。さらに、火曜日のEPLカップでもノッティンガム・フォレストを4-0で退けた。開幕戦でリバプールに敗れて以降、そこから4勝2分けとチームは勢いに乗る。いまだFWジルーにゴールがない点は気がかりだが、ここ3戦で3発のFWサンチェスに加え、ノッティンガム戦ではFWルーカス・ペレスが2得点を記録。公式戦2試合連続で強烈なミドルシュート弾を記録したグラニト・ジャカのパフォーマンスにも注目だ。

一方、リバプールに敗れたチェルシーだが、火曜日のレスター戦を4-2で制し、連敗を避けた。ただ、レスター戦は延長戦までもつれ込んでいるため、フル出場したDFケイヒル、DFアスピリクエタ、MFマティッチあたりの疲労が心配だ。また、ここ3試合で6失点している守備も懸念材料。出場している直近2試合で3ゴールを記録するなど好調のFWジエゴ・コスタに引き続き期待がかかる。

ビッグロンドン・ダービーの前の日本時間20時30分からはユナイテッドvsレスターだ。ユナイテッドは、前節のワトフォード戦の落とし、公式戦3連敗。水曜日にはEFLカップで3部のノーサンプトンを3-1で下し、ひとまず連敗をストップさせた形だ。この試合では、コミュニティシールド以来の先発となったキャリックが活躍。リーグ戦3試合ぶり勝利を見据えるモウリーニョ監督が、ベテランのプレーメーカーを引き続き起用するのか注目だ。

対するレスターは前節、バーンリーにFWスリマニの2ゴールなどで3-0と完勝しており、今季のリーグ戦2勝目を記録。ここまでのアウェイ2試合はいずれも黒星のため、3連敗は避けたいところだ。チェルシー戦で今季初ゴールを含む2得点を挙げたFW岡崎は出場機会を得ることができれば、引き続き目に見える結果が欲しい。

破竹の公式戦9連勝スタートのペップ・シティは、アウェイでのスウォンジー戦だ。スウォンジーとは、水曜日に行われたEFLカップでも対戦し、2-1で勝利。引き続き敵地での一戦で、完全再戦となる。3試合の出場停止処分が明けるアグエロは、今季に出場した5試合で9発と開幕から絶好調を維持しており、ここでも注目だ。

そのほか、アーセナル、トッテナム、レスター、チェルシーを相手にアウェイで3戦しながら3勝1分けと結果を残しているリバプールは、ハル・シティをホームに迎える。ここまで3勝2分けの無敗で3位につけるトッテナムは、ミドルズブラとのアウェイ戦。負傷離脱したFWケインの代役となるFWヤンセンの活躍が期待される。

《プレミアリーグ第6節》
9/24(土)
《20:30》
マンチェスター・ユナイテッド vs レスター・シティ
《23:00》
スウォンジー vs マンチェスター・シティ
サンダーランド vs クリスタル・パレス
ストーク・シティ vs WBA
ミドルズブラ vs トッテナム
リバプール vs ハル・シティ
ボーンマス vs エバートン
《25:30》
アーセナル vs チェルシー

9/25(日)
《24:00》
ウェストハム vs サウサンプトン

9/26(月)
《28:00》
バーンリー vs ワトフォード