かつてジュビロ磐田などで活躍したFWカレン・ロバート(31)が、インド・スーパーリーグ(ISL)のノースイーストユナイテッドに移籍することが決定した。代表を務めるローヴァーズFCのクラブ公式フェイスブックで発表した。

市立船橋高校から2004年に磐田へ加入したカレン・ロバートは、2010年にロアッソ熊本へ移籍。その後、オランダに渡りVVVフェンロでプレー。2014年にはタイのスパンブリーFC、2015年には韓国のソウルイーランドFCでプレーした。

現在は所属チームがなく、千葉県社会人1リーグに所属するローヴァーズFCの代表を務めている。

ISLは、元日本代表監督のジーコ監督が指揮を執るクラブや、セレッソ大坂でもプレーした元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルラン、バルセロナやチェルシーでプレーした元アイスランド代表FWエイドゥル・グジョンセンなどがプレー。日本人としては、2人目の挑戦者となる。